QUOINEXのトークン”QASH”が上昇中!LIQUIDの開発進捗が好感触?

tokenNEWS

QASHは昨年11月頃一度記事にしています。
→過去記事はこちらから

QASH、そしてLIQUIDとは、簡単に言えば、世界中の通貨の流動性を高める事を目的にしたプラットフォームで、LIQUIDの燃料として利用されるのがQASHです。
例えば日本円やドル等は頻繁に売買されているので、流動性が高いと言えますが、マイナーな通貨の場合は流動性が低く、売買にも一苦労してしまう現状があります。

 

LIQUIDは「ワールドブック」というプラットフォームに全ての取引所の流動性を集める事で、世界中どの通貨でも流動性の高い通貨と同様に利用が可能になるプラットフォームです。

そんなLIQUIDの燃料になるQASHですが、最近の仮想通貨の相場が低い中で徐々に上昇する気配を見せています。
というのも、昨年11月に実施されたICO時から構想していたLIQUIDの開発の進捗に好感触を得ているみたいです。

 

開発の進捗はCTOアンドレ氏が説明!


アンドレ氏の流暢な日本語にまず好感触ですが、LIQUIDプラットフォームの目玉機能である「Multi Market Order Book」をデモ画面を見せながら解説しています。
しかも「バグ」「問題があった」事等正直に話していてる当たり好感触です。

今回3つ目の機能であるレンディング機能についても触れているので一見の価値があります。

つい先ほどビットコインはガチホから預ける時代? 定期預金で年利5%!の記事でも触れた通り、レンディングサービスが盛況ですが、ビットバンク等のサービスとは違い、QASH保有者同士が直接やり取りし、貸出期間や利息を好きな様に決められる事が特徴です。

LIQUIDの完成にはまだ時間がかかることや、アンドレ氏によれば金融庁との調整が必要等、クリアしなければならない問題はあるみたいですが、LIQUIDに注目したいと思います。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …