ビットコインはガチホから預ける時代? 定期預金で年利5%!

tokenNEWS

昨年末から今年初頭にかけて大きく値を上げた後、驚く程の速さで値下げしてしまいました。
誕生した億り人は300人を超える程度の人数という事が分かりましたが、これまでの様な「とりあえず購入して、値上がりを待つだけ」でどんどん稼げた時代は終わったのかもしれません。

 

では仮想通貨ではもう稼げないのか?という話になりますが、今年の暴落以降俄かに注目を浴びているサービスが存在します。
言ってしまえば仮想通貨の価格が最底辺にあるからこそ誕生した「レンディング」と呼ばれるサービスです。
レンディングというのは、文字通り仮想通貨の貸し付けを行い、その金利収入を得るシステムです。

 

このサービスは日本ではコインチェックのみが行っていましたが、1月末に起きた事件以降はサービスの停止を取りました。
その隙を縫うようにサービスを始めたのが国内大手の一角を担う「ビットバンク」です。
ビットバンクのCOOである三原弘之氏によると、3月にサービスの開始を表明し5月からサービスを開始したところ、数十億の依頼があり、6月には100億を超える金額の依頼があったとの事です。

 

このレンディングサービスが盛況であるという事は、従来のやり方で稼ぐのが難しいという事の裏返しでもありますが、満期が90日間と非常に短く、貸し付けた仮想通貨を運用する事で利益を得る事になります。

 

このレンディングサービスは海外では日本よりも更に盛況で、トレードのチャンスが訪れた際に高い利率を提示して多額のBitcoinを借りるケースもあるみたいです。

なんにせよ、このレンディングサービスはとても若いサービスなので今後のサービスの発展に期待が集まりますね。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …