インド政府「仮想通貨を禁止しない」コモディティで規制を検討

tokenNEWS

インドの中央銀行が国内の銀行に向けて仮想通貨との関りを持つことを禁止する様呼びかける等、厳しい姿勢で行くと思われていましたが、インド政府は「仮想通貨を禁止せず、コモディティとして取り扱うこと」で検討している事がわかりました。

こちらの記事ではリップルがどの様にインドの市場に切り込むのかが注目されましたが、あっさりと道が拓けた形になります。

 

調査については、政府が仮想通貨を禁止するとは思わないというところに始まり、規制当局の問題に対する関心は「トレーディングを効果的に抑制すること」であり、資金がどこから流れてきているのかを把握する事だとし、更にコモディティとして許可する事でトレーディングをより適切な形で規制出来る可能性にも触れています。

 

インド準備銀行(中央銀行)の副総裁であるR・ガンジー氏は、仮想通貨をコモディティとして扱うことで、投資家に対して仮想通貨が通貨ではない事をハッキリさせる事になると語りました。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …