リップル社がインドで50%のシェアを獲得? 爆上げ待ったなし?

tokenNEWS

ペンシルバニア大学ウオートン校で「フィンテック分野におけるスケーリングおよび、デジタル化の変革(Scaling and Digital Disruption in Fintech)」というセッションが開催され、アメリカリップル社で商品部門副代表を務めるAsheesh Birla氏が登壇し、インド市場についての展望を語りました。

Birla氏はインドの金融機関に対してRippleNetへの参加を促す事を語り、以前からインド市場に注目していた事を述べています。
同氏によると、インドの主要な3大銀行を押さえる事で80%の市場シェアを獲得出来るとの事です。

 

これについての進捗は今後5年の内にインドの人口の半分にあたる10億人が携帯で銀行システムにアクセスする事が可能になり、これまで携帯電話会社や通信企業、さらにリップルを採用している機関等を含めた場合市場シェアの50%をカバーする見通しは立っているとの事です。

 

アメリカの国家情報会議から提出された報告書によると、インドは2030年に現在の中国同じレベルの経済レベルに到達する事が予測される一方で、人口は2050年までにピークを迎えるなど、XRPがインドで普及した場合、長期的に大きな需要が見込まれるとしています。

 

但し問題点が無いわけではなく、インドは2018年4月5日に中央銀行がプレスリリースでインド国内の銀行が仮想通貨関連業者と関りを持つことを禁止する事を通達しています。

仮想通貨の売買自体が違法とされている場合ではないものの、この様な状況でリップルがどの様にインド市場に切り込んでいくのかが注目されます。

twitterの反応


4

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …