ジンバブエで仮想通貨がブーム?

tokenNEWS

ジンバブエと言えば、デノミに失敗して貨幣価値がとんでもない事になった国として有名ですね。
どれくらいとんでもない事になったかと言うと

 

300000000000000ジンバブエドル=1円

 

くらいとんでもない貨幣価値になってしまったわけで、結局ジンバブエドルが廃止されたのは2015年です。
使用停止自体は2009年から始まっていましたが、この価値を見るとさもありなんといった感じです。
じゃあ解決したのか? と言われるとジンバブエドルからアメリカドル等9個の外貨を自国内通貨として利用する事にしたわけですが、肝心の外貨が不足している事から2018年の今でも経済は混乱したままとなっています。

 

その為、ジンバブエ国民はキャッシュレスに対する関心が高まっているみたいです。
キャッシュレスと言えばApplepayみたいなもので、ジンバブエでは「Zapper」というQRコード決済用アプリが人気です。
ジンバブエの様に経済が不安定であれば銀行からの引き出しにも制限がかかる為、手間がかかるよりはスマホを利用した決済が人気になるのは当然とも言えます。

 

そしてもう一つの関心は仮想通貨です。
日本でもあまり見ないビットコインATMですが、ジンバブエではビットコインに対応したATMが設置されているみたいで、KuvaCashというスタートアップ企業が2018年中に仮想通貨のスマホ決済を開始する予定もあり、俄かに盛り上がりを見せています。

 

2018年5月に、ジンバブエの仮想通貨取引所「Golix」が、ジンバブエ中央銀行から受けた「仮想通貨取り引きを禁止」という命令が憲法違反であると主張して訴訟を起こしましたが、その裁判で勝訴した事もあり、流れは完全に仮想通貨に吹いている印象があります。

ジンバブエの国民の生活を仮想通貨が救うのか行く末が気になりますね。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …