ジンバブエ中央銀行が金融機関による仮想通貨の取引を全面禁止へ

tokenNEWS

ジンバブエ準備銀行は国内の金融機関による仮想通貨の取り扱いを禁止しました。

中央銀行の理事と金融機関登録官のノーマン・マタルカ氏は全ての金融機関に対して60日以内に仮想通貨サービスを終了し、仮想通貨口座の清算を通達しました。
また、個人法人を問わず仮想通貨の使用・取引・所有、売買しない事を保証する事も要求しています。

マタルカ氏は決済システムを保全する義務があるとしつつも、仮想通貨に対して保全義務を適用はしないと明言しており、中央銀行のジョン・マングディヤ総裁はジンバブエで仮想通貨の売買をする場合は自己責任で行う様に警告を出しました。

この動きはケニア中央銀行(CBK)が発表した仮想通貨への警告に近い物があり、CBKは先月詐欺やハッキング、データ損失等の仮想通貨に関連したリスクについて通達を出しています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …