Zaif取引所のメリット・デメリット

tokenNEWS

2017年を仮想通貨元年と呼ぶ人がいる様に、日本でも仮想通貨の認知が広がった様な気がします。

日本では既に10箇所以上の取引所があり、それぞれに特徴があります。

今回はその中でも、日本で三本の指に入る人気取引所である、Zaif取引所について、メリット・デメリット、登録方法を交えて解説させていただきます!

Zaif取引って?

Zaif取引所は朝山貴生さんが設立した、テックビューロ株式会社が運営している取引所で、手数料が安い事を含めてちょっとした特徴があります。

代表の朝山貴生さんはNEM財団の理事でもあり、日本の仮想通貨をけん引している存在でもあります。

テックビューロ株式会社って?

テックビューロは、暗号通貨技術とブロックチェーン技術を利用したソフトウェアやサービスを開発・展開しているクリプト・フィンテック・ラボです。

プライベート・ブロックチェーン製品mijin、仮想通貨取引Zaif、ICOソリューションCOMSA等が有名ですが、他にもブロックチェーン技術土入の受託やコンサルティングをしています。

テックビューロがどれくらい凄い会社なのかは以下の記事をご覧ください。

Zaif取引所の手数料

登録時に手数料はかかりません。
また、Zaifへの入金とZaifからの出金に際しては手数料がかかりますが、日本円での現物取引はなんとマイナスの手数料となっており、実質キャッシュバックという扱いです。


最新の手数料はこちらからご確認ください

このキャッシュバックシステムは大きい所では恐らくZaifのみがやっているシステムです。

Zaifのメリットは?

取引手数料がかからない


Zaif取引所は取引手数料がかからない事に加えて、前述の通りビットコイン売買の際は取引価格の0.01%がキャッシュバックされます。

仮に毎日100万円取引していたとしたら、一カ月で3000円がZaifからもらえるという事です。

他の取引所では逆に手数料が持って行かれるので、これがどれだけお得かという事ですね。

最新の手数料こちらでご覧ください

テックビューロの運営体制がしっかりしている

銀行が倒産した場合、銀行預金を最大1000マンまで保証してくれるペイオフ制度という物がありますが、一般的な仮想通貨投資にペイオフ制度が無い為、仮に取引所が潰れてしまった場合、預けたお金は無くなってしまいます。

運営会社を信頼して大切なお金を預けるので、Zaif取引所を運営するテックビューロ社への信頼性は非常に重要な要素になります。

Zaif取引所側もそれは十分理解している為、資金の管理に関しては万全の体制を敷いています。

・預かり暗号通貨管理の強化

お客様からお預かりした暗号通貨残高のうち、流動しないものについてはシステム内からは完全に隔離された状態で複数箇所に分けてオフライン保管(Cold Storage)され、その再移動には権限を持った複数管理者の電子署名(Multi-Signature)が複数段階に渡り必要となる内部統制制度を導入しております。

・システムインフラの堅牢性の強化

取引所システムを複数層に渡って外部から遮断し、内部への侵入が実質的に不可能なシステムセキュリティ環境を構築しております。よって、データベースなどには、外部から一切アクセスが不可能となっております。

*利用リスクと『Zaif』のセキュリティ体制についてから引用

Zaif取引所でしか買えないコインがある

Zaifで扱っている通貨は現在この通りです。

BitcoinやBitcoinCash等は聞いたことがあると思いますが、

・ZAIFトークン
・XCP(カウンターパーティー)
・BCY(ビットクリスタル)
・SJCX(ストレージコインX)
・FSCC(フィスココイン)
・PepeCash(ペペキャッシュ)
・CAICA(カイカコイン)
・CMS()コムサトークン

は現在、日本の取引所ではZaifのみで取り扱っています。

トレードに役立つ機能が充実

Zaif取引所では、平均線やボリンジャーバンドといったテクニカル分析が可能なツールが標準搭載されており、価格のメール通知機能もあるので、価格を気にせず別の作業をする事が可能です。

ドル・コスト平均法でローリスクの積立が出来る


Bitcoin投資をやってみたいけど、自分で売買する事に自信がないという人の薦めたいのがZaifコイン積立です。

Zaif積立は毎月27日に銀行口座から固定額が引き落とされて、翌月10日~翌々月9日まで、指定の仮想通貨が自動で買付されて積立られていきます。

買付は自動で行われるので、買付のタイミングを窺ったり注文の管理をする必要がありません。

・ドル・コスト平均法で暗号通貨を買うメリット

ドル・コスト平均法は、相場が上がっても下がっても一定額で買付を続ける方法で、低リスクで長期で継続して積立をして、利益を確定するタイミングを待つ方法で、Zaifコイン積立はこの投資方法を採用しています。

レバレッジ取引が出来る

レバレッジ取引というのは、自身の手元にある資金の何倍もの金額を利用して取引を行う事です。

レバレッジというとFXでよく聞く単語ではありますが、仮想通貨でも同じようにレバレッジ取引が可能です。

Zaif取引所のレバレッジは、信用取引が7.77倍、先物取引が25倍で、国内取引所の中では最大の倍率になっています。

一攫千金を練っている人にはお勧めです。

追加の証拠金がいらない

Zaifの信用取引では、証拠金の追加担保請求(追証)が無い為、口座に入っている資金以上を負担する事はありません。

Zaif取引所では、信用取引での決済時に利益に対して0.7%の手数料がかかり、利益が出なければ手数料はかかりません。

仮にレバレッジ取引に失敗したとしても、借金をしてまでお金を用意する必要が無くなります。

クレジットカードで仮想通貨が購入可能

クレジットカードで入金できる取引所自体が限られていますが、Zaif取引所はクレジットカードで仮想通貨を購入可能なので、最高のタイミングがうっかり来た時でもチャンスを逃す心配はありません。

Zaif取引所のデメリットって何?

カード手数料が高い

クレジットカードが出来る事自体はメリットではありますが、実はその反面手数料が高いというデメリットが存在します。
Zaifの場合は10%近く手数料を取られてしまうので、ここぞという時だけクレジットカードで、そうでない場合は銀行入金で仮想通貨を購入するようにしましょう。

アプリの操作性がイマイチ良くない

実際に使用して比べてみると分かるのですが、Zaifのアプリは使いにくいです。

まず第一に起動後にチャートをすぐに見れないというのは一番のマイナス点だと思います。
登録前にアプリ自体は入手可能なので、一度ダウンロードして使い勝手を試してみると良いでしょう。

取引参加者が少なく、売買の成立が難しい

仮想通貨販売所であれば、若干手数料が高くはあるものの、欲しい時にいつでも仮想通貨を手に入れる事が出来るメリットが存在します。

Zaif取引所で販売所で手に入る仮想通貨はBitcoinとモナコインのみで、他の通貨を購入したい場合は全て取引所での購入が必要になりますが、肝心の取引所は参加者が少なく、取引が成立しない事が頻繁にあります。

Zaif取引所の登録方法

1:Zaif取引所でメールアドレスを登録して仮登録する
2:基本情報・口座情報を登録する
3:電話番号認証・本人確認書類の提出
4:郵便で本人確認書類を受け取る

この4ステップで利用可能になります。
やる事自体は難しい事もなく、登録はすんなりと終わります。

Zaif取引所まとめ

メリット

1:取引手数料がかからない
2:テックビューロのセキュリティがしっかりしている
3:Zaifでしか買えない通貨がある
4:チャートが使いやすく、機能が豊富
5:ドル・コスト平均法で低リスク積立が可能
6:追加証拠金不要で最大25倍のレバレッジ取引が出来る
7:クレジットカードで仮想通貨が購入可能

デメリット

1:カード決済手数料が高い
2:アプリの操作性が今一良くない
3:取引所の利用者が少なく、取引が成立しにくい

Zaif取引所は手数料の安さと、取引所の中では珍しいキャッシュバックがあり、長く、そして多額の通貨の売買をするのであればメリットの多い取引所という強みがあります。

仮想通貨の運用に自信が無い方でも低リスクで運用してくれる、Zaifコイン積立や、最大25倍のレバレッジと取引が可能な信用取引等、大体の事がZaifで完結するのは非常に魅力的です。

まだ登録していない人、これから仮想通貨に参入しようという方であれば間違いなくおすすめの取引です。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …