Youtubeピンチ?仮想通貨訴訟でまさかの飛び火!

tokenNEWS

仮想通貨コミュニティのプラットフォームである「BitConnect(ビットコネクト)」を相手取った集団訴訟で、Youtubeが被告として加わる事が明らかになりました。
ビットコネクトの訴訟はポンジスキーム疑惑を端とする訴訟ですが、なぜYoutubeが被告として参加となったのでしょうか?

 

BitConnectに対する訴訟について

訴訟は2018年1月24日に提起されたもので、アメリカのシルバー・ミラー法律事務所を代表とした元投資家6名が起こしたものです。
未登録証券である仮想通貨を発行してポンジスキーム的な手法で資金を集めていた事を指摘し、原告は合計で77万ドル(約8500万円)の被害を受けた事を主張しています。

この訴訟にYoutubeが被告として参加する背景には、BitConnectがYoutubeにアップロードした販促動画が原因で被害者が増加したという主張があります。
具体的には、BitConnectがアップロードした動画が有害である可能性があったにも関わらず適切に管理を行わず、本来排除出来たはずの有害コンテンツを見逃した事で被害が拡大した、という主張です。

 

Googleでは、Youtubeを含め、仮想通貨関連の広告やコンテンツを禁止する方針を打ち出していますが、法定文書ではユーザーへの警告や保護責任を果たさなかった事を指摘し、今回の様な事態を未然に防ぐ責任を負う事を義務付けています。

twitterの反応

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …