Ethereumのヴィタリック・ブテリン氏が過激発言!「中央集権型の仮想通貨取引所は地獄で焼かれるべき」

tokenNEWS

最近のICOを始めとした仮想通貨市場について手厳しい発言で知られるブテリン氏が取引所が、分散化を肯定する姿勢を見せると共に、より良い分散型プラットフォームの構築や成長と共に、中央集権型の仮想通貨取引所を仮想通貨取引所の市場から取り除けると主張しました。
その上で「中央集権型の仮想通貨取引所は地獄で焼かれるべき」という主張を展開しています。

 

その理由として、中央集権型の取引所では、成長する仮想通貨・プロジェクトがプラットフォームの一存で決まる力を持っている事を挙げています。
取引所は凡そ1000~1500万ドルの上場手数料を課す事で上場通貨を決定しているとされています。

ブテリン氏は「仮に誰かがハードフォークパッチの作成を強要し、作成したとしても、パッチをダウンロードし、利用するのは少数にとどまる」とし、現在のETHのETCに対する優位性を暗に主張しています。

 

ブテリン氏は以前から仮想通貨に対して厳しい発言が多い事で知られ、昨今のICOプロジェクトを「ランボルギーニに乗りたいだけ」と揶揄したり、「プロジェクトに魂がこもっていない」等の発言が目立ちます。

 

twitterの反応

twitterではブテリン氏の発言を支持する声がある一方で、中央集権的な物もあり、バランスが大事とする声物あります。
ここ数年で大小様々な仮想通貨取引所が誕生していますが、ここからどれだけ中央集権型、非中央集権型の取引所が生き残るかが気になる所ですね!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …