ベネズエラでBitcoinの購入が再加速!原因はハイパーインフレ?

tokenNEWS

ベネズエラでは2017年のはじめに仮想通貨ブームが起きており、1週間のビットコイン購入量が805BTCを記録した時期があります。
その後、仮想通貨に対する熱が冷めたのか1週間の購入量も150BTCまで減少をしましたが、2018年はじめ頃から再びビットコインに対する投資が急増し、3月から4月、4月から5月にかけて右肩上がりとなっています。
数字的にはビットコインへの投資は5月の最終週では約4.9兆ボリバル(ベネズエラの通貨)で、6月の第1週は6.9兆ボリバルという驚異的な伸びを見せています。

 

今回のビットコイン投資への急激な伸びの背景には、ベネズエラ経済のハイパーインフレが原因となっているという指摘があります。
ボリバルの価格は下落を続けており一向に上昇する気配がない事から、ボリバルの逃避先として再びビットコインが注目された、という見方が優勢です。

 

原油と言えば中東という印象が強いのですが、実は原油の埋蔵量はベネズエラが世界一となっています。
アラブの石油王という単語を一度くらいは聞いた事があると思われるほど、原油は富をもたらす印象が強いのですが、ベネズエラでは長く続いた社会主義政権の失策により経済崩壊の危機に瀕しています。
これは経済計画が甘く、政府が浪費を続けた結果もたらされた状況である事が指摘されています。

 

更に悪い事に、ベネズエラではハイパーインフレに対応すべく貨幣の増刷をする為の紙代を支払う資金が無い事から完全に手詰まり状態となっています。

こういった背景からベネズエラでは国民が自国通貨に見切りをつけはじめ、仮想通貨に手を出し始めたと見るのが適切だと伺えます。

twitterの反応

twitterではかなり反応している人が多いですね・・・

やはりビットコインを買う人が増えるという事はそれだけ競争が激しくなって価格が上がるという事に繋がるので、目を光らせている感じでしょうか?

経済が崩壊目前のベネズエラが立ち直ったとしたらまたビットコインの価格に影響が出たりするのでしょうか?

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
Bitcoin(ビットコイン)はやはり価格操作されていた? テキサス大学教授が論文を発表!

現時点で仮想通貨の全盛期がいつかと聞かれたら、十中八九2017年末を挙げる人がほとんどだと思います。 …

tokenNEWS
アント・フィナンシャルが140億ドルの資金調達に成功!

世界大手ECサービスを展開しているアリババグループが仮想通貨関連の資金調達に成功しました。 資金調達 …

tokenNEWS
カザフスタンが仮想通貨を「規制」しながら「技術革新」の支援をする方針!

カザフスタンの経済特区の最高責任者であるカイラット・カリエフ氏は仮想通貨やブロックチェーンの技術革新 …