家宅捜索を受けた韓国の取引所Upbitが内部監査で潔白を主張!

tokenNEWS

韓国最大の仮想通貨取引所である「upbit」が先日家宅捜査を受けた事について、内部監査を行った結果詐欺はないと結論を出しました。

 

アップビットは11日にバランスシートを改ざんした疑いで検察当局による家宅捜索をうけましたが、Upbitは、仮想通貨の保有に偽りがない事を証明しているとしていますが、監査データはまだ公表していません。

現地メディアはアッピビットの帳簿はウォレットと100%一致するとの同社CEOの言葉を伝えている一方で、ソーシャルメディアの仮想通貨コミュニティ内では、複数のウォレットを使っていた事に関して、政府の調査官の誤解が疑惑を生んだという主張が妥当な物かもしれないという発言も出ています。

 

11日の家宅捜索では、MtGoxの破産管財人による売却が同時に起こった事で価格が大きく下落し、パニックを引き起こしました。
アップビットの件はまだ解決はしていない為、確かな情報が無い時に監査の話が出ていたら逆効果になった可能性もあるという声もあります。

 

ブロックチェーンを調べる事で簡単に証拠が見つかってしまう環境にある為、Upbit側が無実の主張をでっちあげるとは考えられないといった声もあり、今後の成り行きが気になります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …