イギリス国立公文書館が公文書管理にブロックチェーンを利用予定?

tokenNEWS

イギリス政府の公文書を管理しているイギリス国立公文書館が、公文書の管理にブロックチェーンを活用する予定を公表しました。

公文書管理プロジェクトは「ARCHANGEL」という名称であり、開発するブロックチェーンの名称も兼ねています。

サリー大学が考案した同プロジェクトは、ARCHANGELとは別に電子投票システムやヘルスケアに関するプロジェクトの考案もして、イギリス工学・物理化学研究会議(EPSRC)からの資金援助をうけています。

ARCHANGELは公文書の編集内容や履歴や追う事が可能になり、公文書の整合性の維持を目指しており、イギリス国立文書館の発表では、

 

文書の編集される度に履歴を作成し、編集内容を正確に記録できる。
文書の編集記録のコピーを多く作る事でイギリス国内だけではなく国際的に広く配布する事で整合性の維持を実現し、各期間による勝手な編集を不可能な状態に出来る

 

としています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
Bitcoin(ビットコイン)はやはり価格操作されていた? テキサス大学教授が論文を発表!

現時点で仮想通貨の全盛期がいつかと聞かれたら、十中八九2017年末を挙げる人がほとんどだと思います。 …

tokenNEWS
アント・フィナンシャルが140億ドルの資金調達に成功!

世界大手ECサービスを展開しているアリババグループが仮想通貨関連の資金調達に成功しました。 資金調達 …

tokenNEWS
カザフスタンが仮想通貨を「規制」しながら「技術革新」の支援をする方針!

カザフスタンの経済特区の最高責任者であるカイラット・カリエフ氏は仮想通貨やブロックチェーンの技術革新 …