タイで行うICOにはライセンスが必須?新ルールの発効は7月16日!

tokenNEWS

トラブルにより厳格な取り組みを見せつつあるタイですが、ICOに関する新しいルールを7月16日に発効する旨を発表しました。

タイの証券取引委員会(SEC)は、新規則が発効した際の概要を発表し、規制された環境下でICOを行う最初の国である事を主張しています。
SECは新しい規制の枠組みの中では、ICOを実施しようとする企業は例外なく承認申請書の提出が必須である事を示しています。

その一方で、個々のICOプロジェクトを直接審査するというわけではなく、ICOポータルから提出された提出書類の評価を最初に行うとしています。

SECは、承認されたICOポータルがプロジェクトのスクリーニングを担当し、その後プロジェクトの申請が検討されるとしています。

SECの発表では、ICOポータルの申請者は資本金として500万バーツ(15万ドル)をタイに登録する必要があり、ICOポータル自体にも、

 

1:ICO発行者の事業計画
2:プロジェクトの構成
3:技術やソースコードの評価に十分なリソース

 

この3つが重要視されます。
更にICOを行う場合、トークンの販売にはBTC,ETH,BCH,ETC,XRP,Stellarにタイバーツを加えて7種類の通貨のみしか利用出来ないとしています。

 

このICOのルールに関しては16日から発効となりますが、タイは5月に申請された50件の内、審査に通りICOが可能なプロジェクトはわずか5件と、かなり厳格な審査となっています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …