タイで仮想通貨に関する法制度が施行!

tokenNEWS

タイ国王令で、仮想通貨に対する規制枠組みが施行され、タイ国政府官報が公表した法律によると、「デジタルアセット及びデジタルトークン」という定義され、タイの証券取引委員会(SEC)の管轄下におかれる事になります。

タンティボラウォン財務大臣によれば、今回の法制度は仮想通貨やICO(イニシャル・コイン・オファリング)を禁止する事を目的とした物ではなく、ECと立場と同じ様にICOが適切な形で規制されている場合に限り、ICOを支持するとしており、デジタルアセットかデジタルトークンを販売する場合は90日以内にSECに登録する必要があります。
登録を怠った場合は、不正なデジタル取引で得た金額の2倍、もしくは最低500万バーツの罰金が科せられ、従わなかった場合は2年の懲役刑の可能性がある等、かなり厳しい罰則を設けています。

これに伴い、タイ国内で活動している全ての仮想通貨取引所と仮想通貨のブローカーやディーラーに対して、関連機関への登録を要請する方針です。

今回の措置は、ただの投資家保護施策ではなく、マネーロンダリングやテロ資金への流用、租税回避といった犯罪に仮想通貨が利用される事を防ぐ事を目的にしています。

今回の国王令は2018年3月に草案が出されて以降、改正をされています。
タイの中央銀行は、規制の問題が解決されていないという不確実性よりも、国内銀行での仮想通貨の売買や投資を禁止という思い切った規制を2月時点で施しています。

同じく2月にタイ・デジタル・アセット・エクスチェンジ(TDAX)によるICOの取引、登録も一時的に停止した一方で、仮想通貨の交換自体は自由に行える状況でした。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
南アフリカ警察が、投資家2万8千人に被害を与えた仮想通貨ポンジ・スキーム疑惑を捜査!

南アフリカ警察が、大規模な仮想通貨投資詐欺疑惑を追跡しているという声明を発表し話題になっています。 …

tokenNEWS
EOSメインネット移行目前!ユーザーの過半数が未登録状態。EOSトークンのスワップ方法を纏めてみた

EOSは6月初頭に1年間行っていたICOを終了し、メインネットに移行します。   メインネ …

tokenNEWS
中国の深セン市とテンセントが提携してブロックチェーンを利用した脱税対策へ!

深セン市国家税務局は、ブロックチェーンを利用した脱税対策と税務管理の効率化の為にテンセントと提携、智 …