テックビューロがブロックチェーン製品「mijin v.2(Catapult)」を一般公開

tokenNEWS

テックビューロ株式会社は、プライベートブロックチェーン製品の最新版である「mijinv.2(Catapult)」を一般公開しました。

「mijinv.2(Catapult)」は、遅延軽減や双方向通信向上のため仕様全てを一新し、開発言語をJavaからC++に変更、httpプロトコルからsocket通信への移行や、大規模な高スループットにも対応可能な高パフォーマンスを実現しました。

 

mijinv.2(Catapult)は、既に300社以上に提供している「mijinv.1」の特徴を継承しつつ、IoTやAIといった先端技術と融合し電子マネーシステムやユーザー認証、財産登録や物流追跡等、様々な場面で利用できる汎用型ブロックチェーン製品になっています。

 

2018年後半には、オープンソースやエンタープライズ・ライセンスのデュアルライセンス提供を開始する事になっています。

 

mijinv.2(Catapult)の新機能

1.Multi-LevelMultisignature

予め決めた連署人全員が同意することでコントラクトを実行する「マルチシグ」を改良して、複数チェーンでの構築が可能になりました。
予め決定した日時までに同意が集まらなければコントラクトは自動で削除します。

 

2.AggregateTransactions

複数の取引(トランザクション)を一つのコントラクトに一括で実行します。
指定した連署人全員の同意が必須条件であり、揃わないと実行出来ません。

複数の異なるアセットを持っているユーザーが、必要に応じて知らない相手と信頼できるスワップ取引が可能になります。

 

twitterの反応

ツイッターでも基本的には好意的に見られていますが、やはり何かと不穏な空気が流れているZaifの方に言及する人も多い印象です。

 

mijinを利用しているのは300社以上という事で魅力的な商品である事は証明されていると思うので、mijinの盛り上がりを逃さないようにCOMSAやZaifの運営にも力を入れてほしいですね!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …