ブロックチェーンで盛り上がるスイス・ツーク州で、ブロックチェーンを活用した市民投票を実施!

tokenNEWS

仮想通貨やブロックチェーンの開発で盛り上がるスイス・ツーク州で今年の夏、試験的にブロックチェーンを利用した市民投票を実施することになりました。
6月25日から7月1日までの期間で行われ、スイスで初となるブロックチェーンを利用した市民投票になるとのことです。

 

試験運用では2017年11月に立ち上げたばかりのツーク市のデジタルIDが導入される予定になっており、市民はモバイル端末からの投票が可能になっています。

今回の市民投票はあくまで試験的な物であり、投票による結果は当局への拘束力は持たないとの事ですが、投票では重要度の低い市の問題やデジタルIDを将来国民投票に使うか否か等に投票する事になっています。

 

スイスは仮想通貨やブロックチェーンの世界的な開発拠点である「クリプトバレー」を抱えており、エコシステムの世界的中心地でもあります。
先日行われたカンファレンスでも税制や規制の面から「仮想通貨やブロックチェーンに優しい国」といわれています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
Bitcoin(ビットコイン)はやはり価格操作されていた? テキサス大学教授が論文を発表!

現時点で仮想通貨の全盛期がいつかと聞かれたら、十中八九2017年末を挙げる人がほとんどだと思います。 …

tokenNEWS
アント・フィナンシャルが140億ドルの資金調達に成功!

世界大手ECサービスを展開しているアリババグループが仮想通貨関連の資金調達に成功しました。 資金調達 …

tokenNEWS
カザフスタンが仮想通貨を「規制」しながら「技術革新」の支援をする方針!

カザフスタンの経済特区の最高責任者であるカイラット・カリエフ氏は仮想通貨やブロックチェーンの技術革新 …