スロベニアの超巨大ショッピングモールで、仮想通貨導入計画?

tokenNEWS

BTC CITYはスロベニアの巨大ショッピングモールですが、元々1990年に倉庫をショッピングモールとして再利用した施設です。
なので、名前こそ「BTC CITY」ですがビットコインとは特に関係はありませんでした。
広さは東京ドーム3個分で、店舗数は500以上を誇る超巨大モールで、スロベニアの観光地としても有名です。

そのBTC CITYは全ての店舗で統一した仮想通貨決済を導入する事を計画しています。

 

仮想通貨決済導入プロジェクトは仮想通貨のスタートアップ「Eligma」と提携して、Eligma社の決済システム「Elipay」を採用、ビットコインATMをモール内に配置して、仮想通貨を利用したショッピングの実現をするという物です。

 

今回の計画は実店舗の仮想通貨決済導入事例としては過去最大級の物であり、スロベニア首相が視察に来るほど大きな話題性を持っています。

 

BTC CITYの様な大型施設での導入は、今後実店舗による仮想通貨決済導入を普及させていく上での重要な試金石になりそうです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ウルグアイ「南米のクリプトバレーを目指す!」

ウルグアイのフィンテック評議会が、仮想通貨の規制枠組みを整備する為の特別委員会の立ち上げを発表しまし …

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …