シンガポールのフィンテック企業がフィリピンに進出!市中銀行へ決済プラットフォームを提供!

tokenNEWS

日本では盛り上がりが低いフィンテックですが、海外では盛況です。
これは日本は海外に比べてフィンテックがそれほど需要が多くない事が起因しており、フィンテックへの投資額からも現れています。

 

シンガポールが拠点のフィンテック企業である「Tagit」社は、フィリピンのマカティ市に事務所を開業し、マカティ市を東南アジア市場における拠点とし、サービスを展開していく予定です。
現在従業員は30人程ですが、東南アジアに展開していくにあたり、2019年には従業員を倍にする方針です。

Tagit社の主力商品は「Mobix」というデジタル金融決済プラットフォームで、フィリピンのナショナルバンクと既に契約済みで、最初の顧客として納入し、チャイナ・バンクやユニオンバンクへのサービスの納入をする計画となっています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …