北欧のスタートアップ企業「ブロックシッピング」が、ブロックチェーンで世界の輸送コンテナを追跡

tokenNEWS

海運業界のスタートアップ企業で注目を集めているのはブロックシッピングという企業です。
同社は世界中の約2700万ものコンテナをリアルタイムで追跡・記録する世界初のブロックチェーン・プラットフォームの開発をしています。

ブロックシッピングによれば、グローバル・シェアード・コンテナ・プラットフォーム(GSCP)というソリューションにより、サプライチェーン全体の企業に大幅なコスト削減や海運業を取り巻く負担の減少、海運市場の非効率性に対応する為に必要な性能を備えているとしています。

海運業界が極めて価値のあるセクターであるにも関わらず、安全上の問題や過剰な設備、厳しくなり続ける環境政策に対する解決策が無かった事をブロックシッピングは指摘しています。
今後4年以内に1600万個の輸送コンテナに相当する、カバー率60%を目指し、ユーティリティートークンが海運業での基軸通貨になる事を目指しています。

ブロックシッピング社はGSCPが主流になった場合、海運業界が約57億ドルのコスト削減が可能という試算が、各業者がGSCPを採用する動機付けになるとしています。

第一にコンテナの過不足の調整を容易にして、リアルタイム追跡センサーにより、正確な位置データの取得で、輸送業者がコンテナ船のサイズを20%程縮小可能とする研究を引用しています。

現状約世界中のコンテナの1/5に相当する500万個が中身の有無に関係なく行方不明となっており、内容物の確認・収集が難しくなっている問題がありますが、これらの調査による時間や調査に使う車両の燃料費を無駄にしているという事に繋がっています。

これらの問題点に対するGSCPのパフォーマンスのパフォーマンス・利益は非常に大きく、あらゆるコストの削減が出来る可能性があるとしています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
南アフリカ警察が、投資家2万8千人に被害を与えた仮想通貨ポンジ・スキーム疑惑を捜査!

南アフリカ警察が、大規模な仮想通貨投資詐欺疑惑を追跡しているという声明を発表し話題になっています。 …

tokenNEWS
EOSメインネット移行目前!ユーザーの過半数が未登録状態。EOSトークンのスワップ方法を纏めてみた

EOSは6月初頭に1年間行っていたICOを終了し、メインネットに移行します。   メインネ …

tokenNEWS
中国の深セン市とテンセントが提携してブロックチェーンを利用した脱税対策へ!

深セン市国家税務局は、ブロックチェーンを利用した脱税対策と税務管理の効率化の為にテンセントと提携、智 …