Segwit2xは失敗する運命?ビットコインの分裂について考えてみる

tokenNEWS

Segwit2xは失敗する」という記事が話題になっています。
この記事を書いたのはAriel Deschapell氏という方で、JavaScriptに詳しい開発者で、経済教育財団のデジタル開発部門の研究員です。

彼はビットコインソフトウェアを変更するためのSegwit2xでは望ましい結果を得る事は出来ないと主張しています。

Segwit2xはなぜ失敗する運命なのか?

Ariel Deschapellは、マイアミのIronhackコーディングブートキャンプで教鞭をとっている、JavaScriptに精通した開発者で、経済教育財団のデジタル開発部門Henry Hazlittの研究員ですが、Deschapell氏はビットコインソフトウェアを変更する為の今後の提案は、失敗すると主張しています。

ローンチまで10日を切り、目前に迫ったSegwit2Xというハードフォークに注目が集まっていますが、失敗するとはどういうことなのか?

Segwit2Xは暗号通貨の仕組みとこれまでの認識を覆し、これまでの仮想通貨の中で経験した事の内容なチェーンの分岐が起こるかもしれません。

しかし、Segwit2xに関するマイナーと開発者側のやり取りを詳しく見てみると、これらの懸念は必ずしも適切ではないと考えられます。

分割回避や迅速な問題解決によっては、ビットコインの価値を保ち、価値の保存が可能である事の証明になる可能性もあり、重要なターニングポイントとも言えます。

前例のない状況


様々な原因がこの状況を助長し、予測不可能で理解しがたいものにしてしまっています。

過去にはbitcoinからのハードフォークで、「Bitcoin XT」「Bitcoin Classic」等の名前でブロックサイズを拡大しようという試みはありましたが、いずれも成功した事はなく立ち消えになりました。

Segwit2Xは、前述の様な試みとは以下の様な違いがあります。

 

一つ目は確かな裏付けがある事です。

Segwit2Xで予定されているフォークは「取引所」から「マイナー」まで含め、仮想通貨における主要な業態の事業者との間で行われた「ニューヨーク協定」の結果によるものです。

ニューヨーク協定には、ビットコインのハッシュパワーの83.28%を占めるマイニング企業58社が参加したと主張され、ハードフォークによるブロックサイズの増加の取り組みを後押しして、大きく加速させることに繋がりましたが、当初発表されて以来、かつてない程支持を失いましたが、元々署名した者の大部分が未だにポジションの変更を表明していない状況です。

二つ目に重要な違いは、ニューヨーク協定がビットコインプロトコルの変更に関する慣例を壊してしまった事にあり、これについてはBitcoinコミュニティでは多くの議論の原因になっています。

Segwit2はビットコインコアプロトコルを変更にする事によって改善を促そうとするものではなく、ニューヨーク協定による妥協で導入が決定した経緯があります。

それはビットコインや全てのブロックチェーンが承諾や総意の元で成り立つシステムであるという点で重要です。

つまり、ブロックサイズの増加といった互換性のない変更を実装する為には、ビットコインノードが構成するP2P全体が、ブロックチェーンの分割を避ける為にそふとうぇあを同時に更新する必要があり、ハードフォークを主張する者が次の2つの選択肢の内、どちらか一つを選ぶ事は当然であり期待されている事です。

まず第一に、混乱を原因となるチェーンの分割を割けるために、既存のチェーンと互換性の無い物への変更の必要性を説明し、関係者から広く合意を得る事です。

第二に、その合意が得られなかった場合、存在するチェーンへの混乱を最小限にするために、ビットコインキャッシュの様にリプレイプロテクションを施した上で分裂させることです。

Segwit2xはこの流れを台無しにしてリプレイプロテクションの実装を拒否するだけではなく、ソフトウェアの対応に関してコミュニティに広くサポートを呼び掛けるといった働きかけも行っていません

欠陥についてはニューヨーク協定の原文の中でも、「署名された企業グループがビットコインの仕組みにおける大部分を占めているから、変更に対する合意がすでに得られている」という文言が加わっており、ブロックサイサイズの増加に対する同意は既に得られている誤解を与えています。

実は合意には程遠かった

元々Segwit2xに署名した多くの企業は、ビットコインの仕組みの大部分を構成し、明確な合意を示していたように見えましたが、そうでない事が徐々に分かってきました。

Segwit2xが実装するブロックサイズの倍増は、大部分のオープンソース開発コミュニティからは技術的な理由で拒否されており、Bitcoin Coreの様な最も支持されているソフトウェアにもサポートされていません。

こういった事もありニューヨーク協定に署名した者から何名かは正式に取り下げを行ており、その中でも特に有名なのは、13%近くのハッシュパワーを占めるマイニングプールを持っている「Slush」と「F2Pool」です。

多くの取引所が分裂した後も旧ビットコイン(Segwit1x)をレガシーコインと認識すると表明し、Segwit2xに関しては個別の価値単位(Bitcoin2x)として扱うとしています。

これは、Segwit2xの本来の、「現在のビットコインプロトコルと対応する新たな単価単位にシームレスに置き換える」という目標に反しています。

わたしはSegwit2xの孤立した開発環境では、これまで使われてきたレガシーチェーンにとって代わって、新しくビットコインとしての地位を奪う可能性は無いと考えています。

理由は以下の通りです。

混乱が予想される

まず、当初の理念に反して全ての関係者に合意を得られないままSegwit2xのフォークがおこなわれたとしても、ビットコインにとっては壊滅的な失敗をもたらすだけの結果になるでしょう。

当然、失敗した場合はビットコインの仕組みとステークホルダーにも大きな損失を与え、Segwit2xの署名者が当初想定した者とは真逆の結果をもたらす事になりますが、ニューヨーク協定自体に拘束力が無い事が救いとなっています。

ニューヨーク協定の支持者、とにかくビットコインによる利益を重視している事は間違いなく、ハードフォークによってもたらされる分裂という結果で最悪ビットコインと生死を共にするのか、仮に壊滅的な打撃を受けたとして、それを受け入れるのかどうかは別の問題です。

なので、リプレイプロテクションの無いハードフォークによる深刻な影響で、署名者である企業の大部分が消えてしまうという意見には疑問が残りますが、単純にブロックサイズを増加するという目的の為にこのような問題が生じている事は分裂をさらに不愉快な物にしています。

言ってしまえば、参加企業が安全だと判断して合意したニューヨーク協定と現在の状況は大きく変化し、Segwit2xのアクティベート前にはさらに不支持が拡大する可能性があります。

多くの企業が未だまだ不支持を証明していない理由はまだ時間的な余裕がある事と、ニューヨーク協定を破棄するに値する経済的な合理性が無い事によると推測されます。

これらの企業が曖昧な態度を取り続けることで、Segwit2xはこれまでよりもはるかに少ない支持しか得る事は出来ないでしょう。

これにより、ビットコイン分裂によってもたらされるリスクとコストに署名者自身が向き合わなくてはなりません。

市場が決定する

方法はどうあれ、当初予定していたように世の中に出現し、Segwit2xをユーザーと市場が新しくて優れたビットコインとして受け入れられ無ければ市場価格は反映されません。

価格がどの様になるか示す為に最も良い指標は、birfinexの様な取引所の先物市場で価格をチェックする事です。

現在は元のビットコインの約15%の価値で将来のSegwit2xの評価がされている状態です

分Ⓡツした時点のマイニングのシグナリングに関わらず、2つのチェーンの間でハッシュパワーがぶつかったとしても、最終的に判断材料となるのは収益性です。

初期投資コスト、ランニングコスト共に大きいマイナーにとっては、最終的に利益が出るチェーンに向かう為、ハッシュパワーはより利益の多い方に集まりますが、わたしたちマイナーではない人間にとって、ビットコインの価値がSegwit2xよりも評価され続けると確信を持つ事は出来るのでしょうか?

分裂時はハッシュパワーの流出で、ビットコインの取引承認時間はとても遅くなります。

最悪なパターンとしては、ニューヨーク協定で署名した会社がビットコインの仕組み自体のリスクと自分たちの相伴を顧みることなく、経済的な損失を出す事を分かっていつつもSegwit2xのマイニングに鞍替えする可能性も考えられます。

Segwit2xについて深く分析してみると、ネットワークの性質を理解していない事、そもそもビットコインに価値を持たせようとする視点が決定的に欠けている事から、ニューヨーク協定には最初から欠陥があった事が発覚しました

これらの理由から、Segwit2xによって生まれる新たな暗号通貨Segwit2xは、関係した企業から支援があったとしてもビットコインにとって代わる存在ではないと考えられます。

見通しに欠陥がある

ニューヨーク協定における最大の誤りは、署名者がビットコインの仕組みの重要な部分を構成している企業である為、追加サポートが無かったとしてもビットコイン・プロトコルに対する変更を集約できると信じてしまった事にあります。

この誤った結論に至る経過には次の二つの要素が影響しています。

一つ目の要素は、安全なハードフォークを達成する上で、ハッシュパワーの重要性に対してコンセンサスに重き置きすぎた事です。

マイナーはビットコインの仕組みでは不可欠であり、大きな利害関係者である事に間違いはないのですが、だからといって唯一無二というわけでもありません

究極的にはマイナー以外の利害関係者の動向も含めて、ビットコインの価格に反映されていますが、だからと言ってマイナーは負担する高額コストの為に無視する事は難しいと思われます。

二つ目の要素は、CoinbaseやBitPayの様なサードパーティーはユーザーへ伝えるSegwit2xの前提です。

サードパーティの提供者側は自らの発言によって、実際にどのトークンを所持していた、使用したいのかを操作する事が出来ます

Coinbaseが再び2xフォークに関する声明を出した。

最初はB2Xとして上場させ、その後、ディフィカルティが最も積み上がったもの(accumulate difficulty)、すなわちマイナーが最も集う方を「BTC」とするとの事。 https://t.co/MeXIJxtPcv

— mineCC (@ETHxCC) 2017年10月25日

この考え方は、サービスを利用しているユーザーがビットコインの定義をユーザーの発言に従い変更するという暗黙の同意を前提としており、信頼と権力を中央集権的に第三者に移譲する必要性の排除を理想とした、ビットコインの理念に反するものです。

Segwit2xはビットコインのスケーリング議論の解決案の為の妥協案の為に作られ、宣伝されましたが、こういった考えは時代遅れな政治的思惑による妥協案でしかなく、ビットコインの理念である非中央集権とは程遠いものです。

ブロックチェーンのプロトコルの変更は暗黙の同意ではなく、明確に示された同意が必要です。

CoinbaseやBitPayの様なサードパーティは、Segwit2xの様な試み通じて、サービス提供者や管理人としての役割を果たす事が出来ると考えているかもしれませんが、新しいルールを守る事を強制する事はすべきではありません。

これらの事から分かるのは、非中央集権的を理想とする政治が任意組織によって奪われたがばなんすの新しいモデルです。

Segwit2xがビットコインにとって代わり、新しく「Bitcoin」として成功した場合、関係者の意見が一致せずともSegwit2xに対応しなければならず、ビットコインシステムの大規模で明らかに協調された行動が、ビットコインプロトコルのルールを一方的に変更できることを意味して、検閲に抵抗して価値を保管できるビットコインの評価を貶める事になります。

噛み砕いていえば、特定の集団によって、同意なしにネットワークのルールを変えるのであれば、それはビットコインの失敗を意味するという事です。

Segwit2xの様な議論ある変更が強制されれば抗議をされたとしても他の変更が施される可能性もあり、ビットコインに対する向き合い方にも注意が必要になります。

Segwit2xは、ブロッグサイズを2倍にする事で一時的な取引手数料の軽減する事を目指していますが、セキュリティや変化への抵抗、連続性に対する信頼がなければビットコインのトランザクションは形骸化する事になり、Bitcoinで取引する事の意味を無くすことにもつながります

ビットコインに対する課題は今後も続く

ビットコインのシステムを変更する事の難しさは欠陥と見て取れるかもしれませんが、ビットコインの変更への抵抗力は、ビットコインに価値をもたらす性質であり、本来のビットコインの真理でもあります。

ビットコインはセキュリティと信頼性、そして価値の保存先としての土台を強化して信頼を得て、資産性を堅固な物にしてきました。

経済のネットワークが積極的にビットコインにインセンティブを付与する事で、ビットコインの安全性・信頼性のある価値の保存先として確立する可能性もあるのです。

これまで以上に大きな問題に直面したとしても、ビットコインの特性を継続して示す事ができれば、ビットコインが価値の保存先として信頼され、利用される可能性は更に向上するでしょう。

これまで、ビットコインとSegwit2xの選択はこれまでずっと価値を証明してきた歴史があり、検閲する事が出来ない価値の保存先であるビットコインと、一時的に取引手数料が安い妥協の産物であるSegwit2xのどちらを選ぶのか?という事です。

先物市場が指標になるのであれば、市場の選択は簡単で、現時点で明らかであり、Segiwt2xは失敗する運命なのです

原文はこちらです。

ハードフォークについて思う事

このハードフォークの問題はビットコインに限った話では無く、ビットコインが出てきて以降様々な仮想通貨が出ては分裂したりしなかったりを繰り返しています。

ビットコインから分裂したビットコインキャッシュも直近ではBitcoinABCというソフトウェアの為のハードフォークの予定すらあります。

しかし、ビットコインとは異なる事として、関係者が特定のブロックから分裂した新たなチェーンをビットコイン・キャッシュと認め、全員が新しいチェーンに乗り換える事で、それが新しいビットコインキャッシュになるだけなので、分裂にはならないのです。

マイナーや取引所、プロトコル開発者や対応ソフトウェアの開発者等、それぞれ利益が異なる為、全ての関係者の合意を取る事は難しいのが現実です。

ビットコインは分裂の話が出ては消えてを繰り返していますが、Segwit2の分裂が起きたらビットコインが4つにまで増える事になります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …