6月13日は仮想通貨厄日? SECが規制方針を示す可能性

tokenNEWS

アメリカ証券取引委員会(SEC)が6月13日にタウンホールミーティングをジョージア州立大学で開催する事が決定し、議題として仮想通貨やフィンテックと言った技術について議論する事になっています。

SEC側の出席者は5人の予定となっています。

 

SECは仮想通貨やICOに対して厳しい姿勢を取っている事は間違いありませんが、それは仮想通貨を否定しているというよりは仮想通貨に絡んだ犯罪・詐欺を防ぐ為の法的なインフラを整える目的からだとしています。

 

仮想通貨に対して敷かれる規制の方針が示される事は、ボラリティの低下を招き、産業を成熟させる事に繋がると思われますが、現時点では先が全く見通せない状況でもあります。

そんな状況ですが、今回のミーティングでは、SECの規制方針に議題が触れる可能性があるとの事で投資家が注目しています。

 

規制制定を議論する際には、取引の記録や監査対応システム、報告ガイドライン等への対応についての議論も必要となり、ミーティングではこれらの詳細について言及される事にも期待が集まっています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …