SEC委員長が、ICOが証券である事を再確認

tokenNEWS

ICOが証券であるのか否かというのは、仮想通貨を発行している側からすると大きな問題です。
仮にICOが証券として認められてしまうと、一定の条件を満たした者しか投資家として参入が出来ない事から、ICOの良さが失われると同時に、調達額が大きく減少する可能性もあるからです。

 

アメリカ証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン委員長は、現在の証券取引法を仮想通貨に合わせた修正をする計画が無い事と、資金調達手段として行われるICOに対する規制の変更もない事を表明しました。
ドルや円、ユーロなどと交換が出来る仮想通貨は証券ではないとし、ICOを利用した資金調達の際に利用されるトークンやデジタル資産が証券である事を再確認した事を受けての発言だと推測できます。

 

当然証券であるという事は、SECによる規制の対象となり、証券と、証券とみなされるICOを規制して行く方針を改めて明確にしました。

 

仮想通貨が証券であるのか?という議論は発行者や当局の間に議論が交わされていますが、現在はRipple社のXRPは証券であるという主張を訴えている裁判が起きており、仮想通貨、ICO、これらが証券にあたるのかどうかについての結論はまだまだ出る事は無く、仮にICOが証券だと結論づけられた場合、ICOで資金調達をしたEthereumがどの様な処分が下るのかが注目されます。

twitterの反応

ツイッター上ではまだそれほど大きく騒がれていないのですが、注目すべきは「ICOをしたら証券」というニュアンスですね。
既存の仮想通貨でICOを実施していない方が少ないと思われるので、今後ICOをした銘柄が一律で証券とみなされた場合、現在主要銘柄の一つとなっている「Ethereum」もICOを行っている事から、動向が注目されます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …