SBIバーチャル・カレンシーズが仮想通貨取引サービス「VCTRADE」を営業開始!取扱通貨は?

tokenNEWS

以前から噂になっていた、SBIホールディングスの子会社である「SBIバーチャル・カレンシーズ」が仮想通貨取引サービスである「VCTRADE」を開始しました。

 

サービス開始以前から言われていた通り、取り扱う通貨はXRPで、段階的にBTCやBCHを追加する予定です。
SBIバーチャル・カレンシーズは2017年12月に先行で口座開設の申込をした2万人超の顧客を対象にサービスを開始する事になっています。
現在は日本円が決済通貨になっており、実質円とXRPを買う為のサービスと言っても差し支えは無い状況ですが、取引手数料が無料というメリットが存在するので、XRPを購入する場合は以後SBI一点になる可能性もあります。

SBIホールディングス社長の北尾氏は、仮想通貨事業で業界のトップを目指している事を公言しており、手数料を安くし、低スプレッドを標準化する考えを示しています。

 

SBIバーチャル・カレンシーズは2017年9月に金融庁に交換業者として認可を受けており、昨年末に口座開設の申込をした顧客に対し、審査を終えた順に本人確認のはがきを送付しています。
尚、以後一年近くサービス開始をしなかった理由については、「安全性を追求する」という理由を挙げていました。

先行予約以外の一般顧客を対象にしたサービスについては、2018年7月を予定しており、一般顧客へのサービス提供までにBTCとBCHの取り扱いも開始する方針です。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …