SBIの仮想通貨 Sコインを発表!Jコインとどう違う?スイカ(Suica)や電子マネーとは違うの?ってか同じ?メリット・特徴・使い道!リップル XRPとの関係性は?取り扱い取引所はどこ?

tokenNEWS

なんとSBIが仮想通貨を発行するとい話が出ており、名称は「Sコイン」です。

 

Sコインは2018年の春頃に市場に出回る予定で、SBIの社員さんに試験的に配布するって話です。

 

SBIが発行するという事で、うまく行けば新規に対してSコインどころか仮想通貨全体に興味を持ってもらえるチャンスだと言えます。

 

Sコインの特徴としては決済基盤は分散型台帳を用いるみたいで、仮想通貨の特徴であるブロックチェーンが基になっているというわけですね。

 

Sコインのメリット

  • 送金コストがほぼ0
  • 代金の即日現金化
  • 価格変動あり

Sコインの使い道

  • 決済する個人の特定
  • 店舗での支払い
  • 売買

 

SコインとJコインの違い!
Sコインと聞いてJコインを思い出した人も多いでしょう。わたしも真っ先に頭に浮かびました。

 

実際にSコインとJコインの違いについてざっと調べてみましたが、大きく違う点が結構あります。

 

Sコイン基準で見てみると

 

SコインとJコインの違い

  • Sコイン→価格変動あり・取引所に上場・売買ができる
  • Jコイン→価格変動なし・取引所で扱いなし

 

Jコインは等価交換である事に対して、Sコインは取引所で売買することが可能、価格変動があるけれど、日本円に近い低レートという事です。

 

はっきり言ってJコインよりSコインの方が興味湧きますよね。

 

Sコイン スイカ(Suica)や電子マネーとの比較
Sコインは決済手段としての目的で利用者に普及させる考えがあり、電子マネーのSuicaやPASMOと同じじゃないかって話になりますが、電子マネーは価格変動もなければ取引所で購入する事もできません。

 

Sコインと電子マネー比較

  • Sコイン→価格変動あり・売買できる
  • 電子マネー→決済手段のみ

 

Sコイン リップル XRPとの関係はある?
SコインがSBIのコインという事でリップル社のXRPとの深い関わりがあるのか気になりますが、正式にどのように関連してくるかの情報は出ていない状況です。

 

XRPは国際送金に活用されるコインですがどうなるか気になると事です。

 

Sコインは個人間での送金に即時決済としてリップル社の開発したILP(インターレジャープロコル)を使用する事は一応予測しています。

 

送金技術においてXRPと深い関連があるという事になりますし。

 

Sコインの取り扱い取引所はどこ?
当然SBI バーチャルカレンシーズでは取り扱いはほぼ確実ですよね、取り扱わなかったら逆におかしいくらいですし。

 

問題は他の取引所のどこで取り扱いになるかという点になりますが、今のところ情報はありません。

 

しかし取引所上場予定であるのは間違いないと思われます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …