Robinhoodが2018年末までに狙うのは仮想通貨取引プラットフォーム世界一位?仮想通貨取引所を開設

tokenNEWS

株取引で400万人のユーザーを抱えるRobinhoodが仮想通貨プ取引ラットフォームで仮想通貨事業に参入する事を発表し、2018年末までに世界最大規模の仮想通貨取引所になると宣言しています。

 

Robinhoodは過去一年間に利用者を倍増させ、圧倒的な支持を背景に400万のアカウントが登録されています。

これまで株取引アプリの運営をしてきたRobinhoodですが、今回仮想通貨取引プラットフォームの開設を機に本格的なサービス提供を発表し、それによれば既に3億6300万ドルの調達に成功した事を報告しており、時価総額は一年前の約4倍にあたる56億ドルになると見込まれています。

 

Robinhoodの現状はアメリカで仮想通貨取引サービスの提供を開始する為に必要なライセンスの認可を待っている状態で、許可が降り次第現在サービスを提供しているアメリカの10州から全米への拡大をするとしています。

 

Robinhoodは仮想通貨取引に際して最低・最高投資額の設定はしていません。
出金時の制限もなく預かった資金はコールドストレージに保管するとしており、セキュリティ面に比重を置いています。

問題点としては取り扱っている仮想通貨がBitcoin(ビットコイン/BTC)とイーサリアム(ETH)だけであり、2018年内に世界一を狙うのであれば早急に取り扱い通貨を増やす必要があります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …