仮想通貨XRP(リップル)の投げ銭サービス「XRP Tip Bot」を利用したイベントを開催

tokenNEWS

オランダの開発者Wietse Wind氏が、Ripple(XRP)を利用したメッセージサービスである「XRP Tip Bot」を発表しました。

 

このサービスはツイッターやディスコード等で投げ銭が可能で、ブログに設置するだけで簡単に投げ銭が可能になります。
投げ銭にかかる手数料は「ほんの数ドロップ」と言いますが、この「ドロップ」は1ドロップで0.000001XRPに相当する極々少額です。

 

XRP Tip Botによる投げ銭データではXRP Tip Botのデータベースに保管されます。
XRP Tip Botはユーザー名しか把握できない事から、資金の出し入れにはウォレットアドレスを利用する必要があります

 

Wind氏によれば、最近アクセスが増加傾向にあり、累積チップが12800件を記録する等、徐々に知名度を上げてきています。
この送金システムは、Ripple社本体が行う国際送金に比べて極々小さなものですが、twitterという身近なツールを利用してXRPの送金をする事により、XRPを利用する人の増加につながり、エコシステムの拡大が期待できます。

更に現在ワールドカップ開催を記念して「2018 XRP Cup」というイベントを開催しています。

参加者が各1XRPを持ち寄り、ワールドカップ終了後に任意の1名が総額を獲得するイベントで、現在500名超が参加しています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …