Ripple(リップル)が国際決済でパイロット事業!参加した金融機関がコストと時間を大幅削減!

tokenNEWS

Ripple(リップル/XRP)が実施したxRapidプラットフォームのパイロット事業に参加した金融機関は、コストが40~70%、トランザクションの速度も従来の2~3日から2分に短縮という大きな成果を挙げた事を報告しています。

 

xRapidは、Rippleのブロックチェーンによる即時グロス決済システムで流動性を高める為のソリューションで、金融機関同士の国際送金を迅速化を目的に開発されました。
今回のパイロット事業の結果、事業に参加した金融機関は、外国為替プロバイダーを利用する必要が無くなり、決済スピードの大幅な向上によりコストの大幅な削減に成功しました。

 

送金事業を行うヴィアメリカス社のポール・ドワイヤーCEOは、銀行が従来の効率の悪い決済インフラの構造上の問題に安全に対処する場合、デジタル資産が今後重要な役割を果たす事が、今回のパイロット事業で証明されたとした上で、厳格なコンプライアンス管理が容易になるとも述べています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …