Ripple社CEOが強気の発言!「2019年に数十の銀行がXRPを使う」

tokenNEWS

先日国際送金テストを良い結果で終えたRippleですが、日本ではSBIVCが先行登録したユーザーに対してXRPを販売、MUFGの送金アプリにリップルネットワークを活用等、仮想通貨に触れていない人でもRippleの名前が少しずつ広まってきているのではないかと思っています。
Rippleは銀行間の国際送金に関わるソリューションを提供しており、これまで数日かかった国際送金をわずか数秒で完了させ、コストや時間を大幅に削減する技術が魅力で、現在世界中の銀行がリップルネットワークに参加している状態です。

 

この状況で、Ripple社CEOのBrad Garlinghouse氏は「2019年に数十の銀行がXRPを採用するだろう」という、強気の発言をしていますが、今年に入ってからのRippleは好材料しかない状態で、文字通り快進撃を続けているので、これはただの強気の発言ではなく、実績に裏打ちされた自信からくる発言だという事が伺えます。

 

Ripple社が提供しているxRapidというソリューションがありますが、これは未開拓の市場に挑戦する企業向けの製品です。
そういった市場に送金を行う場合は、現地に予め資金を用意しておく必要があるケースも多く、手間やコストが余計にかかる事も少なくありません
xRapidでは、XRPを触媒にして送金をする事になるので、コストを抑えて、迅速な送金が可能です。

 

Brad氏は2019年までに多くの金融機関がRipple社のクロスボーダー送金ソリューションを採用すると予告しています。

twitterの反応

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …