規制当局の無慈悲な鉄槌?アメリカの経済学者がビットコインの未来に観的な意見悲

tokenNEWS

アメリカの著名な経済学者ジョセフ・スティグリッツ教授とケネス・ロゴフ教授、ヌリエル・ルビーニ教授がビットコインの将来について悲観的な未来を描いている事が話題となっています。

 

ビットコインの匿名性を批判するのは、ノーベル経済学賞を受賞したスティグリッツ教授で、透明な銀行システムを構築するという理念からかけ離れていると指摘し、「政府のいかなる介入をも許さない無法な活動」と断罪しています。

常々規制の話が出るにも関わらず決定的な規制が行われないのは市場規模が小さいからであり、仮に市場が大きくなったら規制当局による鉄槌が下ると述べています。

 

今後10年で100ドルまで下がると主張するのはIMFの元チーフ・エコノミストだったロゴフ教授で、匿名取引は政府を始めとした権力者による介入で終わる事になると述べています。

2008年のリーマンショックを予測したルビーニ教授は、ビットコインの高いボラリティや、一日に20%を上下するビットコインが価値の貯蓄手段になりえない事を主張しています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …