アメリカの仮想通貨交換業者「Poloniex」が認証プロセスの変更!取引停止で懸念する顧客も?

tokenNEWS

アメリカの仮想通貨交換業者であるPoloniex(ポロニエックス)が、口座認証に必要な新しい文書を顧客がアップロードするまで、仮想通貨の取引と引き出しを停止しました。
この決定により、一部の利用者が資金回収できなくなるとの懸念が広がっています。

 

 

ポロニエックスは上記のツイートで「顧客が認証作業を完了するまで資金は常時管理されます」と説明していますが、新しい認証プロセスが行えない顧客の資金がどうなるのかという疑問は解消されていません。

回求められている認証作業は認証IDの提出となっていますが、これは簡単に言えば個人情報の入力とパスポートや顔写真の提出を意味しています。
これらが行えない人はかなり限られている可能性はありますが、やはり何らかの事情で提出が出来ない人もいると思われる為、後ポロニエックスがどういった対応を取るのか注目されます。

 

今回再提出を求められてる人は簡単に言えば「ポロニエックスに認証情報を提供していない人」であり、個人情報を提出していない人、という事になります。
ポロニエックスはゴールドマンサックスが支援しているサークルに買収された事もあり、アメリカ法の遵守する為に認証プロセスの変更を行った事が予想できます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …