クリエイターとファンを結びつける仮想通貨「オタクコイン」は持っていて誇らしいコイン

tokenNEWS

5月9日、秋葉原UDXでブロックチェーン技術を利用した仮想通貨「オタクコイン」の構想発表会が行われました。

仮想通貨と言えば通貨としての利用よりも投機目的に利用される事が一般的となっていますが、オタクコインはICOを実施せず、国内外のアニメやゲーム、漫画ファンに無償で配布し、新規コンテンツの制作サポート等のいわゆる「オタク文化」の発展の為に利用されます。

 

構想発表会には、オタクコインの発案者したTOKYO Otaku Mode(トーキョーオタクモード)のCEO小高奈皇光氏や慶応技術大学SFC研究所上席書院の斉藤賢爾氏等が登壇し、日本のアニメ産業が10年で約2倍になった事や、更なる発展が期待できることを提示しまし。

 

オタクコインの構想については、アニメやマンガ、ゲームのファンがコミュニティ内で使用出来る通貨という点と、新しいコンテンツ制作プロジェクトへの投票権という点の二つの機能がある事が説明されました。

オタクコインの機能はTokyo Otaku ModeのEコマースサイト内でのキャラクターグッズやサービスの購入から始まり、提携パートナーの拡大やコミュニティの活性化に伴い用途を増やし、円との交換にも対応予定としています。
現状では楽天ポイントに近いシステムですね。

 

特徴的なのは、オタクコイン所有者には投票権が付与され、新しいコンテンツ制作プロジェクトへの投票「SPIRIT VOTE(現在は仮称)」が可能になり、投票で選出されたプロジェクトにはコンテンツの制作者や企業に対して資金面でのサポートが出来るようになります。
言い換えると、ユーザーとクリエイターを直接つなげてユーザーがクリエイターをサポートするシステムが実行可能になります。

 

現在の予定では2018年秋以降に国内外のファンに向けて無償で発行されて、専用のウォレットでの管理・使用が可能になります。

小高氏はオタクコインの価値を「ファン自ら新規コンテンツに投票することで作り手サポートできるシステム。オタクコインを持っていることがオタクとして誇らしいと感じられるものにしたい」と語っています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
南アフリカ警察が、投資家2万8千人に被害を与えた仮想通貨ポンジ・スキーム疑惑を捜査!

南アフリカ警察が、大規模な仮想通貨投資詐欺疑惑を追跡しているという声明を発表し話題になっています。 …

tokenNEWS
EOSメインネット移行目前!ユーザーの過半数が未登録状態。EOSトークンのスワップ方法を纏めてみた

EOSは6月初頭に1年間行っていたICOを終了し、メインネットに移行します。   メインネ …

tokenNEWS
中国の深セン市とテンセントが提携してブロックチェーンを利用した脱税対策へ!

深セン市国家税務局は、ブロックチェーンを利用した脱税対策と税務管理の効率化の為にテンセントと提携、智 …