世界で初となる「非中央集権型銀行」をバイナンスが設立計画&支援!

tokenNEWS

マルタ島で規制下で世界初となると非中央集権型銀行である「Founders Bank」の設立が計画されている事を発表し、世界有数の仮想通貨取引所であるBinanceが資金調達前の出資を行った事を明らかにしています。

 

Founders Bankは従来の銀行とは違い、ブロックチェーン基盤のシステムで稼働し、トークンの所持者により所有権が発生します。
「法的拘束力のある」株式トークンの販売はドイツのNeufundを通して2018年末に行われる予定で、銀行自体の開設は2019年前半を予定しているとの事です。

 

トークンの販売それ自体はドイツの規制管轄下で行われる事、更にヨーロッパの主要証券取引所と協力して行われる事、監視役会にはバークレイズやJPモルガン等の錚々たる機関や企業の出身者が参加する事が決まっている事が、Founders Bankの公式ブログで報告されています。

 

しかしながら、現段階で銀行業を含めた関連するライセンスの取得等をしているわけではなく、今後マルタからの銀行業ライセンス取得や欧州中央銀行からの承認を得る等、必要な手続きが多々あります

 

この非中央集権型銀行はそもそも計画の段階でしかありませんが、仮想通貨やブロックチェーン業界でも先進的な取り組みであり、飛ぶ鳥を落とす勢いのBinanceの支援もある事から、今後どの様な形で運営されるのかが注目されます。

twitterの反応

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …