オランダの金融規制当局が、仮想通貨投資企業の法令準拠に疑問

tokenNEWS

オランダ金融市場庁(AFM)は、公式文書を発表し仮想通貨関連事業者がライセンス法に準拠しているか疑念を持っている事を明かしました。
オランダ金融市場庁は仮想通貨の運用と管理に伴うリスクについて疑念を持っている旨を、仮想通貨の投資サービス展開を目指す企業に文書で伝えています。

仮想通貨への投資は、現在オランダの金融監督法の規制対象ではないものの、投資企業は活動内容次第ではライセンスが必要なケースが存在しますが、市場関係者がその認識を持っているケースが少ない事が判明しています。

AMFは仮想通貨投資に関するライセンスの要件を満たせるかについては、投資に関するリスクに対する認識も含めて疑念があるとします。

オランダ中央銀行はブロックチェーン技術への需要の高まりに反して、十分な効率を出す事は出来ないという見方をしている一方で、5月の公表された政府報告書では仮想通貨の金融安定性については「低リスク」であるとしており、関係機関と政府で認識にズレが生じていることがわかります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …