ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

tokenNEWS

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。
アメリカの主要な株式市場のトップの発言によりICO市場に対する風当たりは更に強まるかもしれません。

 

「フィンテックの未来」というカンファレンスの中で表明したもので、ICOをルールが無いのも同然な状態で個人投資家から搾取をしている、とした上で、詐欺的なICOの被害者は的確な情報を集める事に慣れていない投資の初心者であるケースが多いとしています。
SECもICO企業に対して投資家情報の提供を要求してはいますが、監督者がいない事からそれも進まない状況にあるとしています。

 

今週は、マカフィーアンチウイルス・ソフトウェアの創業者であり、仮想通貨推進派でもあるジョン・マカフィー氏が「SECの脅迫」を理由にICOに関わらない事を表明する等、SECがICOに対する規制を強めるのではないかという予測が立てられています。

 

現在は、仮想通貨業界の著名人が相次いでICOに対する警告を表明する等、単に外側からだけでなく、内側からも懸念を表明される度ICOその物に対する圧力が強まっていると思われます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …