MyBit(マイビット)、トークンセールの二次募集は見送る方向

tokenNEWS

MyBit(マイビット)は、ロードマップで計画していたトークンセールの二次募集を見送る方向であるという事をブログで公表しています。

二次募集の実施権は持っているものの、追加資金に頼らなくても2020年までにプロジェクトの達成が見込まれたからとの事です。

マイビットは、IoT分野を対象としたイーサリアムベースのプラットフォームです。

MyBitは、昨年にプレセールを行いましたが、今年開発資金の調達を目的として二次募集を実施する予定でした。

「マイビットのα版プラットフォームは現在、第2四半期までのスタート見込んでおり、スマートフォンアプリを通じての利用は、年末の開始を予定しています」(創業者Ian Worral氏)

マーケティング部門を統括する役割を受け持ち、Joost Toorend氏がチームに新たに加わり、今年の夏に世界各国でプロモーションイベントを予定しています。

その一方、2020年に向けたプロジェクト達成を目的として、予備資金としでの40万トークンは保有するとのことです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …