三菱UFJが月内にRipple(リップル/XRP)を利用した国際送金実験!

tokenNEWS

三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)と三菱商事が、Ripple(リップル)を利用した国際送金の実証実験を月内に始めると時事通信が報道しました。

 

Rippleは送金時間の短縮やコスト削減が可能で、イギリス金融大手のスタンダード・チャータードも参加するとしており、数年内の実用化を目指しており、今回の実験ではタイからシンガポールにシンガポール・ドルを送金する予定です。

タイの三菱商事子会社であるアユタヤ銀行の口座から送金して、シンガポールにあるイギリスの金融大手スタンダード・チャータードで受け取る計画になっています。

 

現在の国際送金では、国際銀行間通信協会(SWIFTネットワーク)を利用していますが、複数の銀行を経由する関係で手数料や時間がかかる事が問題視されていますが、Rippleでは手数料が安く、時間も大幅に短縮が可能で、更にブロックチェーンを利用している事で、データの改ざん等の不正が起きにくくなるとされています。

 

既に3月から送金テストの話は出ていましたが、5月になり国際送金の送金実験もついに大詰めといった印象があります。
今年の後半にはリップルの技術を導入した消費者向けアプリ「Money Tap」がリリース予定となっており、今後は銀行の営業時間に縛られる事のない取引が可能になる事が期待されています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …