モスクワ証券取引所がICOに向けたインフラ整備を開始!

tokenNEWS

モスクワ証券取引所(MOEX)が、企業のICOを可能にするためのインフラ整備を開始し、2018年内のローンチを目指しています

 

MOEXは企業によるICOの際、トークンセールのデータを発行する為の基本となるインフラの開発に取り組んでいます。
MOEXのアレクサンドル・アファナシエフCEOによれば、取引所としてトークンの上場は行わないものの、トークン発行者の信頼性に関する情報の提供は行うとしています。

アファナシエフ氏は、仮想通貨法的に守られた資産という立ち位置でないとしつつ、「法的保護を受けるのであれば取引所のシステムとして迎える」と述べています。

 

MOEXは投資家から要望があれば先物契約の発行も検討する等、比較的柔軟な姿勢を見せています。
これには、投資家がICOの先物にどれほどの興味を示すのか、またどの種類の先物取引なのか?という市場調査の意味合いも兼ねているとのことです。

MOEXはロシアの金融商品の売買が行われる中心地であり、株式や債権は勿論、デリバティブや貨幣、短期金融市場商品等の取引が行われており、2018年3月の総取引高は1兆1000億ドルにも上ります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
Bitcoin(ビットコイン)はやはり価格操作されていた? テキサス大学教授が論文を発表!

現時点で仮想通貨の全盛期がいつかと聞かれたら、十中八九2017年末を挙げる人がほとんどだと思います。 …

tokenNEWS
アント・フィナンシャルが140億ドルの資金調達に成功!

世界大手ECサービスを展開しているアリババグループが仮想通貨関連の資金調達に成功しました。 資金調達 …

tokenNEWS
カザフスタンが仮想通貨を「規制」しながら「技術革新」の支援をする方針!

カザフスタンの経済特区の最高責任者であるカイラット・カリエフ氏は仮想通貨やブロックチェーンの技術革新 …