Monero(xmr)が高騰した理由は?bithumb韓国取引所上場はいつなのか?

tokenNEWS

8月の下旬に入り、Moneroが高騰していて、27日時点で前日比28%も上昇!

アルトコインも大分盛況になっていますが、とりわけモネロの価格が上がった理由は

大体この辺りが理由になってくると思います。

新しく取引所に上場に関しては、現在の仮想通貨の状況で見れば好材料でしかありません。

モネロの取り扱い取引所が増えるという事は購入する機会が増えるという事ですからね。

そして韓国の取引所の中でも市場規模がトップレベルで大きい「bittumb」に上場される日は、今以上の急騰は間違いないと考えています。

リップルに投資の真っ最中で資金を動かせない人も多いわけですが、ただ見ているというのもチャンスを逃しているみたいでキツイ物があると思いますが、そのリップルは9月16日にSWELLの発表内容があるので、損切はしない方が良いと考えています。

現状では取り扱っているところも少ないですし、仮にXMRを購入するならもう少し下がるのを待ちたいですね。

Moneroのbithumb韓国取引所への上場はいつなのか? 日本時間だと時差は?

元々Moneroは韓国取引所のbithumbでの取引開始が延期しています。

それに関係なく高騰はしていたわけですが、延期が決まった途端に値下がりしたのは言わずもがなです。

そうなってくると気になるのは、延期後で上場されるのは何日か?という点ですが、8月28日上場開始予定になっていますが、海外の取引所に上場という事で日本との時差が気になります。

日本と韓国は時差が無い為、韓国の取引所で取引を始めると同時に日本でも上場されますが、上場時間自体が非常に大雑把である為、現状では17時半頃を予定となっています。

XMRの将来性 今後の相場はどうなる?

XMRは少し前は10000を割っていましたが、8月中旬辺りから比べると既に3倍の値になっています。

伸びは完全に予想以上になっていますが、10000を超えてから暴騰している現実があります。

今後の動向は、XMRも地固めを着々と進めているので、8月28日の韓国上場を皮切り高値更新はかなり高い確率があると思います。

チャートの予想だけなら上場をする28日中に20000を超えたとしてもおかしくないと考えていて、上場以後も好材料があるのであれば30000まで上がってもおかしくはないと思います。

日本ではアルトコインの中でも不人気ではありましたが、人気のリップルやネムが落ち着いているので、盛り上がっているLiskと同様にXMRが伸びたとしてもおかしくがないでしょう。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …