警視庁が仮想通貨マイニングツールに対して注意喚起!

tokenNEWS

警視庁は最近頻発している、仮想通貨マイニングツールについて、マイニングツールのウェブサイトへの設置を検討している運営者や利用者に対して注意喚起を行いました。

 

警視庁では、自身が運営ているウェブサイト上で、閲覧者に対して明示することなくマイニングツールを設置した場合、犯罪になる可能性がある事を指摘しました。
マイニングツールが設置されたウェブサイトにアクセスをした場合は端末に負担がかかることや、ウイルスソフトがマイニングツールを検知した場合は、ウェブサイトへのアクセスを辞めること等を述べています。

 

日本では14日に、マイニングツールの設置を告知することなく、ウェブサイトを閲覧した人に無断でパソコンを利用し、マイニングを行ったとして10の県警による合同捜査で16人が摘発されています。
今回の注意喚起はこれを受けての物だと思われます。

利用されるツールはコインハイブと呼ばれるもので、自身のウェブサイト上に設置しておくだけで閲覧者の端末の計算能力を利用してマイニングを行うシステムになっており、「閲覧者に告知しなかった事」や「犯罪との線引き」等で波紋が広がっています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …