閲覧者のリソースでマイニングを摘発した事件の問題点は何か?

tokenNEWS

コインハイブを利用したウェブサイト運営者16人が摘発されました
これは、ウェブサイトを閲覧した人に許可を得る事無く閲覧している端末のリソースをマイニングに充てた事が問題と警察は発表しています。

 

Coinhiveはスクリプトをウェブサイトやブログに設置し、閲覧者がサイトに滞在中は閲覧者の端末を通して仮想通貨のマイニングを行い、サイトオーナーに支払われるという仕組みです。
こういった仕組みである事から、今回の事件以前よりCoinhiveは肯定派も否定派も存在していました。
印象の悪さ、という点で言えばコインハイブでマイニングが可能な通貨がマルウェアでお馴染みの「Monero」というのも原因の一つかもしれません。

 

今回、一番大きな問題点は「とりあえず摘発」してしまった事であると考えています。
どういう事かと言うと、新しいシステムなので「警告」で良かったのではないか?という事です。

 

例えば、摘発されて裁判まで行った一人は裁判で「広告と同じなので問題ない」と主張しましたが、実はこれはその通りです。
携帯電話の広告は利用者に許可を得る事無く表示されており、さらに利用している端末のリソースを無断で利用しているので、今回摘発の根拠となった「不正指令電磁的記録 取得・保管罪」だけで考えるなら携帯電話の広告が摘発されてもなんらおかしくはないのです。

 

言ってみれば「分からないけど問題ありそうだから摘発した」程度の事をやってしまったと言っても良いでしょう。
過去にはWinnyの様に画期的なツールが「問題ありそうだから」で潰されたケースもあるので、これが頻発する様では革新的な技術を作りづらくなります。

こういったところから、今回は「手順や警告を無視して摘発をした」事が最も問題であったのではないか?と思うところです。

twitterの反応

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …