Lykke(リッケ)取引所がCoinfirmのAMLTの取り扱い開始!

tokenNEWS

スイスのLykke(リッケ)取引所が、CoinfirmのAMLTトークンの取扱開始を発表し、3月の現時点でリッケ・コイン、ビットコイン、イーサリアムやAMLTを含め30種類以上の通貨が、Lykkeにて取引が可能になっています。

イギリスが拠点のコインファームは、金融分野の規制対応を手掛けているRegtech(レグテック)企業の一社で、独自のアルゴリズムとビッグデータを利用して、ブロックチェーンをベースとした資金洗浄やテロ資金対策向けのプラットフォームを運営しています。

コインファームと同じくRegtechを標榜しているLykkeは、仮想通貨取引所運営をはじめ、ICOプラットフォーム事業やウォレット開発も行っています。

リッケ創業者でありCEOのRichard Olsen氏は「高いコンプライアンス規準を持つ企業が主な保有対象とするAMLTトークンを取り扱うことは、我々にとっての誇りでもある」と述べています。

来月後半にはリッケ取引所はスイスのProcivisが開発しているVALID(VLD)コインの取り扱いを計画しています。

リッケ公式

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …