Liskが高騰? 急騰の理由はミートアップ?それともマイクロソフトのアップデート?それとも気分?アプデ1.0.0はいつくるのか?

tokenNEWS

本日8月26日、Liskが急騰して500円台に突入しましたが、上がってから上り詰めるまで大体1時間だと思いますが、一気に200円くらい上がりましたね。

Liskの高騰にはついて前々から、「Microsoft(マイクロソフト)とパートナーシップを結んだから上がる」と言われていて、そのマイクロソフのコア1.0のアップデートがく、これが好材料となって価格が急騰したという訳です

マイクロソフトならだれでも知ってる会社だし、ブランド物に弱い日本人なら分かりやすい材料ですよね!

    注目ポイント

  • Microsoftと提携を正式に発表
  • Microsoftのアップデート1.0が近い
  • 9月20日 韓国でミートアップ
  • 9月22日 日本でミートアップ

アップデート1.0.0はいつ来るのか?9月の噂?日本時間で何時?

アップデートの名称はコア1.0.0と呼ばれており、噂では9月9日のアップデートと言われていますが、実際にアップデートされるのはいつでしょうか?

アップデートがある、という事については発表済みであり確実ではありますが、中国のICO規制が騒がれている中なので、いつアプデが来るのか注意しなくてはいけません。

これまではイベントの前後、というより直前が一番価格が高くなる事が多く、直前で売るのが一番利益が出るタイミングでしたが、今後はどうなるのかちょっとわかりませんね。

9月22日 東京でミートアップが開催

Lisk高騰の理由の一つに、東京でのミートアップがありますが、9月22日に東京で開催する事が決まっています。

来賓は凡そ300人、NEOという他の仮想通貨がミートアップ後の2週間で5倍になったという事もあるので、Liskがも高騰する事が期待されています。

LSKコインの将来性はどうなの? チャートはどう動く?

LSKコインは現段階でもかなり価格を上げてきており、現段階でも期待値の高いコインです。

イーサリアムの爆発的な人気という事もありその特徴でもスマートコントラクトが注目されています。


2018年中にイーサリアムと並ぶくらいの期待値があり、直近の予測だけでいけば9月にまた値を上げて、来年には更に値上がりするのではないでしょうか?

LSKコインは9月に提携したMicrosoft大型アップデート1.0が控えていますが、9月に高騰する理由は他にもあって、現在はまだ日本人の間で盛り上がりを見せている段階です。

Liskのインド取引所上場はいつなのか?

Liskがインドの取引所に上場をする事で、必然的に高騰すると思われます。

LSKを買える取引所が増えるという事は、それだけ需要が買いの需要が増えるという事なので、上がるという事ですね。

そのインドでは8月24日に上場する事が正式に発表されています。

リスク リブランドは延期なのか?

リスクがマイクロソフトと提携し、その影響でコインの名前が変わる可能性については前々から言われていました。

しかしこれは、9月にリブランディングを予定されていましたが、2018年に延期となりました。

Liskはどこで買える?

Liskは日本の取引所では、Zaifやコインチェック、bitFlyer、そしてbitbankで購入が可能になっています。

特にZaifで手数料が0という事も有、とりあえず買いたい場合や、アルトコインやICOも売買が可能という事もあり、イチオシとなっています。

次点で取り扱い銘柄が多いコインチェックがオススメなので、とりあえず仮想通貨に手を付けたい場合はコインチェックでも良いですね。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …