仮想通貨少女が西日本豪雨被災地支援の募金を受付開始!もちろん仮想通貨対応!

tokenNEWS

仮想通貨少女というグループをご存知でしょうか?
2018年1月に誕生したアイドルグループで、名前の通りメンバーそれぞれが仮想通貨推しているちょっと変わったグループです。
元々は星座百景という12星座をモチーフにして、ゴールド・シルバー・ブロンズというちょっと聞いた事があるランクが存在しているアイドルプロジェクトの派生グループです。

 

その仮想通貨アイドルグループ「仮想通貨少女」が「平成30年7月豪雨」の被災地支援を目的とした寄付をBitcoin、BCH、NEM、ETHの4つの仮想通貨で可能な募金ページを開設しました。
仮想通貨少女は8人グループ、8つの仮想通貨推しのはずですが、残りのNEO、MONA、ADA、XRPはどうしたというツッコミはとりあえず置いておきましょう。

 

今回のこの活動の面白いところは、寄付に賛同するファンが仮想通貨を利用した寄付活動をして、それが誰もが確認出来ている点にあると思います。
従来の街頭募金やコンビニ等に設置している募金箱では最終的な集計額しか分からず何に使われたのかが把握できないという点にありましたが、ブロックチェーンを介す事でどの時点でいくらの募金が誰に募金されたのか、そしてどこに支払われたのかが確実にわかるというメリットは非常に大きく、世界中の誰もが募金可能というのも非常に大きいポイントです。

 

 

仮想通貨による募金については、仮想通貨少女公式ツイッターでもこの様に述べていて、新しい形の募金として広く周知される事が望まれます。

今回の募金については、被災した地域の為に利用される事が決まってはいますが、送金先については現時点では決まっておらず、決まり次第報告されるとのことです。


仮想通貨少女公式サイト:

https://cin-academy.co.jp/kasotsuka/

twitterの反応

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …