仮想通貨交換業協会から副会長が2名辞任

tokenNEWS

bitFlyerを含めた6社への業務改善命令や、麻生財務相の分離課税が話題になる等、日本の仮想通貨市場に動きが出始めたところですが、仮想通貨交換業協会(JVCEA)の副会長である加納裕三氏と廣末紀之氏の両名の辞任が発表されました。
金融庁から業務改善命令を受けたビットフライヤーの代表である加納氏とビットバンクの廣末氏が責任をとる形での辞任であり、後任となる副会長はまだ発表されていません。

 

仮想通貨交換業協会は2018年4月に発足した組織で、認定自主規制団体を目指しており、副会長であった加納氏はセキュリティを統括していました。

 

今回辞任した二名が副会長という立場である事から協会の今後の活動に影響が出るか気になる所ですが、現状では不透明です。
今回の辞任より前に自主規制案が構築されており、インサイダー取引の禁止、成果型報酬による勧誘の禁止、マネーロンダリング対策等の取り組みが表明されています。

 

一般ユーザーにとって影響が大きそうなのは成果型報酬による勧誘の禁止、つまりアフィリエイトの禁止ですが、これにより紹介する人口が減少、仮想通貨に参入する人口の減少が危惧されています。
新規参入という点では、行政処分により、ビットフライヤーが新規顧客の受け入れを一時停止を自主的に行っています

twitterの反応

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …