財務省が仮想通貨マイニング機器の輸入禁止を提案?

tokenNEWS

中国でマイニングに規制がかかって以降、世界各所に安い電力を求めて散って行ったマイニング業者ですが、日本でもマイニングに関して財務省が動きを見せ始めているみたいです。

 

財務省は関連している省庁との議論を重ねた上で、仮想通貨マイニング機器の輸入禁止を提案しました。
主な理由として、マネーロンダリングを始めとした犯罪を幇助するリスクが発生する可能性を挙げています。

 

現在の日本の法律では、マイニング機器は「データ処理機器」として扱われています。
マイニングと言っても実際は複雑な計算の早解き競争みたいな物なのでその通りなのですが、海外からの購入が容易で、資金の問題さえクリア出来るのであれば、個人でもやろうと思えばマイニングを行う事は可能です。
2017年の輸入台数は9300台となっていますが、2018年の1~4月の輸入台数は2017年の通年で輸入した台数の約7割にあたる6300台にまで増加しています。

 

この台数全てが犯罪に利用されるというわけではないのでしょうが、ここ最近増加傾向にある仮想通貨関連の犯罪を前に政府としても歯止めをかけたいという思惑が見えます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
Bitcoin(ビットコイン)はやはり価格操作されていた? テキサス大学教授が論文を発表!

現時点で仮想通貨の全盛期がいつかと聞かれたら、十中八九2017年末を挙げる人がほとんどだと思います。 …

tokenNEWS
アント・フィナンシャルが140億ドルの資金調達に成功!

世界大手ECサービスを展開しているアリババグループが仮想通貨関連の資金調達に成功しました。 資金調達 …

tokenNEWS
カザフスタンが仮想通貨を「規制」しながら「技術革新」の支援をする方針!

カザフスタンの経済特区の最高責任者であるカイラット・カリエフ氏は仮想通貨やブロックチェーンの技術革新 …