日本の仮想通貨取引所は壊滅状態?登録完了済みからみなし業者まで、現在の状態は?

tokenNEWS

正規業者は16社、みなし業者は16社。
これは昨年に施行された改正資金決済法等によって金融庁が認可した「正規業者」と、法律施行前から事業を行っている業者に対しての特例措置として、認可はしていないけど、とりあえず営業が可能な「みなし業者」に分けた場合の数字であり、昨年の施行時点では計32の業者が営業をしていた事になります。

 

この中で注目すべきは「みなし業者」の存在と現状です。

*画像はBitpress様より

6月25日時点で16社あったみなし業者が3社にまで減少しています。
減少の要因になっているのは「登録申請取り下げ」が圧倒的であり、1社のみ登録拒否処分を受けていますが、認可に関してはとてもハードルが高い事がわかります。

 

現在残っている企業はLastRootsを除いて大手に買収や間接的な参入となったケースとなっていて、特に以前は最大手であり、現在はマネックスに買収されたコインチェックは何かと注目されている状態です。
そして何より重要なのはみなし業者から自力で認可にこぎつけた取引所が無いという状況です。

更に現在はみなし業者への処分がある程度済んだ事からか、金融庁は認可済みの事業者への処分に動いています。
処分された業者の中には、現状日本最大手のbitFlyerやZaif(テックビューロ)等も処分の対象となっている等、かなり容赦のない対応をしています。

 

金融庁が求めているのは恐らく銀行並みのマネーロンダリング対策だと思われますが、あまりにも厳しすぎる規制内容なのか、どこまで事業者が残るのか完全に不透明な状況になっています。
以前、世界最大手のBinanceが金融庁からの警告で日本から撤退したという事もありますが、先日アメリカの大手取引所のコインベースが日本進出を検討している事が発表されました。

金融庁の厳しい審査をクリアできるかが第一関門になりそうです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …