イタリア中央銀行総裁「中央銀行は仮想通貨発行の準備は出来ていない」

tokenNEWS

世界では国・政府による独自の仮想通貨を発行する流れが徐々に出来ています。
発行に至る事情はそれぞれではありますが、イタリアの中央銀行総裁であるFabio Panetta氏は「世界の中央銀行は仮想通貨発行の準備が出来ていない」とし、短期的には失敗する見通しである事を述べました。

 

この発言はルイージ・ボッコーニ商業大学で行われたカンファレンスで語ったもので、Panetta氏はOBDCの可能性について、「顧客の資産によって裏付けされるべきもので、中央銀行の責任を担保として発行すべき」とし、最終的には法による支援が求められる考えを述べ、中央銀行による発行のメリットとして過度なボラリティに投資家が振り回される事が無い点を挙げています。

この様な考えをPanetta氏が述べる一方で、実際のOBDC(中央銀行発行の仮想通貨)は金融政策による介入でボラリティに苦しむという意見も出ています

 

講演の中ではOBDCのデメリットについてはあまり触れず、OBDCは法定通貨に比べて管理コストを下げるというメリットを挙げ、長期的には分からないものの、仮想通貨の匿名性や信頼性に関する研究を続けるメリットがある事を強調しており、仮想通貨の存在自体には賛成である姿勢を表明しています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
Bitcoin(ビットコイン)はやはり価格操作されていた? テキサス大学教授が論文を発表!

現時点で仮想通貨の全盛期がいつかと聞かれたら、十中八九2017年末を挙げる人がほとんどだと思います。 …

tokenNEWS
アント・フィナンシャルが140億ドルの資金調達に成功!

世界大手ECサービスを展開しているアリババグループが仮想通貨関連の資金調達に成功しました。 資金調達 …

tokenNEWS
カザフスタンが仮想通貨を「規制」しながら「技術革新」の支援をする方針!

カザフスタンの経済特区の最高責任者であるカイラット・カリエフ氏は仮想通貨やブロックチェーンの技術革新 …