IronX アイアンエックスICO案内

tokenNEWS

(ツイッターのICO募集詐欺被害増えてるので気をつけてください)

 

購入希望者はこちらから

 

カルダノに特化した暗号通貨取引所

FXの会社とコラボレーションです。
・年間トランザクション9200万回
・年間取引量1.1兆ドル
・年間収益100億円
・2010年創立
・世界拠点8カ国
・200名従業員
・500名アカウントマネージャー
・180以上の国から120万人が利用
・30カ国の言語対応
・IBさん1000名

中旬頃にホワイトペーパーの公開を行います。

6月頃から
プライベートファンディング予定
主にヨーロッパ、南アフリカ、日本、韓国、中国、その他の国で行う予定です。

 

kyc登録は6/4頃
にアイアネックスに登録
(指定された方のみ)
(指定されていない方は対応されません)

1トークン0.33ドル

プライベートセール50m
うち日本25m
残りは各国にわかれます。

取引所スタート10月予定
遅くとも12月にはスタートいたします・

 

 

ronX Exchangeとは、グローバルなオンライントレーディングのリーダーであるIronFX Groupと、ブロックチェーン業界の大物であるEmurgoHKがジョイントベンチャーで立ち上げる仮想通貨取引所になります。

EmurgoHKは、あのCardanoブロックチェーン、ADAコインの開発者になります。

このほかにも、EmurgoはFINNEYスマートフォンの開発元であるSIRIN LABSとパートナー提携を結び、ADAトークンのサポートに注力していくなど、ブロックチェーンベンチャー企業との提携を積極的に進めています。

IronX Exchangeは、IronFXはじめとするこれまでの取引プラットフォームに統合され、高い安全性と共に仮想通貨同士の交換や仮想通貨と法定通貨の交換を実現します。

IronX Exchangeの特長

厳密な規制に準じた運営をしている

Binanceのような実質無国籍の取引所は、その国の法令に従わない場合もありますが、IronX Exchangeは厳密な法に則した運用をします。

ホワイトペーパーで確認できる範囲では、IronX ExchangeはイギリスのGibraltar regulated Exchange (DLT)ライセンスに基づいて規制に則った運用を行います。PIライセンスについては調査中になります。

高い流動性を提供

仮想通貨取引所の問題が流動性です。薄い取引板や一貫性がない売買高は利用者の取引意欲を阻害する要因になります。

IronX Exchangeでは、複数の大口取引所と相互接続を行い、取引高を向上させます。

カスタマーサポートを充実化

これまでの仮想通貨取引所では、経験や知識が豊富ではない人勢がレベルの高い顧客からの質問に答えることができず、また多くの国の人が利用する取引所ではカスタマーサービスの言語対応が不十分でした。

IronX Exchangeでは、経験豊富な30言語以上の対応スタッフを用意し、各国の時差に関係なく24時間問い合わせできるカスタマーサポートの体制を構築します。

 

ユーザビリティとセキュリティを確保

IronX Exchangeでは、直感的で使いやすいインターフェイスを採用します。初心者にとって利用しやすくなる他、上級者にも考慮されたものになります。

また、Google2段階認証や、レート制限、同時接続制限や、TLS接続による暗号化、コールドウォレットなど、世界の主要取引所でサポートされているセキュリティはすべて採用します。

法定通貨との交換

多くの海外取引所では、法定通貨でデジタル資産を購入することができません。デジタル資産は仮想通貨を使って購入することがほとんどです。

IronX Exchangeでは、もともと法定通貨を扱うオンライン取引のノウハウがあるため、法定通貨への交換に対応することができます。

IronFXグループサービスとの統合

IronFXグループは、バックオフィスや支払い、銀行決済やリスクマネジメントなど、これまで多くのノウハウを培ってきました。

IronX Exchangeへの参加者は、IronFXサービスとスムーズに統合することができます。

上場する仮想通貨に厳格な基準を設ける

IronX Exchangeでは、上場する仮想通貨の決定は協議委員会を通して行われます。この委員会はIronX Exchangeの役員や業界の専門家、投資家から構成されます。

プロジェクトを運営する企業が、合法的で正当性のあるビジネスモデルをしているか精査が行われます。

 

IronX Exchangeで利用される取引所トークンIRX

もはや取引所トークンのROIが良いのは定説になりましたが、IronX Exchangeにもしっかりと取引所トークンがあります。取引所トークンのシンボルはIRXになります。

IronX Exchangeの取引手数料は0.2%になりますが、IRXトークンを手数料の支払いに充てることで、割引を受けることができます。割引率は以下の通りです。

  1年目 2年目 3年目以降
仮想通貨-仮想通貨の割引率 50% 30% 10%
仮想通貨-法定通貨の割引率 25% 15% 5%

また、IRXトークン保有者には、以下の特典があります。

  • トレード商品のスプレッドの割引
  • IRX決済時における紹介ブローカーやアフィリエイトへの追加報酬
  • 紹介ブローカーやアフィリエイトへに申請なしでアップグレード
  • ポートフォリオ管理手数料の割引 (管理報酬・運用報酬)
  • IronFXカードの無償提供、申請なしでVIPアカウントの提供、申請なしで仮想プライベートサーバ(VPS)の提供
  • IRXの取引口座でIronFX Group取引プラットフォーム上のCFDを取引、IRXで入出金

また、取引ボリュームやIRXのPoS、シンジケーションに応じてIRXを報酬として出す予定です。

ロードマップ

IronX Exchangeでは、2018年内のロードマップが公開されています。

  • 2018年5月:IronFXグループとEmurgoHKとのパートナーシップ契約

  • 2018年6月:IRXトークンのプライベートセール開始、取引所開発の開始

  • 2018年7月:IRXトークンのプライベートセール終了

  • 2018年8月:チームの設立と営業準備

  • 2018年10月:IronX Exchangeのベータ公開 (VIP IRXトークン保有者を優先)

  • 2018年12月:IronX Exchangeの一般公開

 

(ツイッターのICO募集詐欺被害増えてるので気をつけてください)

 

購入希望者はこちらから

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
Bitcoin(ビットコイン)はやはり価格操作されていた? テキサス大学教授が論文を発表!

現時点で仮想通貨の全盛期がいつかと聞かれたら、十中八九2017年末を挙げる人がほとんどだと思います。 …

tokenNEWS
アント・フィナンシャルが140億ドルの資金調達に成功!

世界大手ECサービスを展開しているアリババグループが仮想通貨関連の資金調達に成功しました。 資金調達 …

tokenNEWS
カザフスタンが仮想通貨を「規制」しながら「技術革新」の支援をする方針!

カザフスタンの経済特区の最高責任者であるカイラット・カリエフ氏は仮想通貨やブロックチェーンの技術革新 …