イラン市民が仮想通貨で25億ドルを国外に送金! 経済制裁でビットコイン頼り

tokenNEWS

アメリカがイランの核開発を巡る多国間合意から離脱した事を受けて、イラン国民はBitcoin(ビットコイン/BTC)をはじめとした仮想通貨を頼る様になっています。

オバマ政権時代の合意が失敗する見通しが高まった事で、リヤル(イランの法定通貨)は半年で25%まで下がり、通貨危機目前の水準まで追い込まれています。

 

この状況に対応すべく、イラン政府は公定レートと実勢レートを統一して利上げを行いました。
国際的な銀行システムを利用出来ない中で政府は外貨両替業者を逮捕する等の措置を行い、国外に現金を移したい刻印を制約する事になっています。

イランでは現在「ローカルビットコインズ」というウェブサイトを通じてビットコインを売買していますが、イランの経済委員長のモハンマド・レザ・ポーレブラヒミ委員長によるとイラン国民は25億ドル近くの額を国外に送金しています。
国外への流出を食い止めるために4月にイランの中央銀行はイラン国内の金融機関に対して仮想通貨の取引を禁止しています。

 

こうした動きもあり、将来的にはMoneroやライトコインと言った匿名性を重視した仮想通貨が利用されるのも秒読みだと予測されています。

似た動きとしては、ベネズエラ政府が発行するペトロと比較されており、ペトロはベネズエラに大きな損害を与えている経済制裁への返答だと見ており、アメリカのトランプ大統領は既にペトロ購入の禁止を進めています。
イランも2月に公認の仮想通貨の発行のプロジェクトを明らかにしていますが、ベネズエラと同様の障害が発生する可能性はかなり高いと言えます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …