仮想通貨の今後は機関投資家次第?

tokenNEWS

仮想通貨の価格が小さい動きを続けている中、今後の大きな値動きの有無は機関投資家の動向に左右されるという見方が出ています。
ビットコインをはじめとした仮想通貨市場は、6月末頃から上昇基調にあるとされており、その動きを後押しするように欧州議会でも好材料、具体的には新しい報告書の中で仮想通貨に対して「禁止も無視もせず、現状をしばらく存続させる」という予想が提出され、決済の早さや透明性等から「現代のプライベート」という評価を下した様に、ようやく先行きが明るくなるような話題が出始めています。

 

この様な状況の中で仮想通貨投資家が期待するのは機関投資家の仮想通貨市場への本格参入です。
ネットで溢れている情報の中では「機関投資家は既に本格的に参入している」という意見がある一方で、まだ十分な参入には至っていないという意見もある事から、目に見える形での参入が期待されています。

 

ただし、機関投資家の参入によって一般の投資家が稼げなくなるという状況も予想されている事から、必ずしも良い事ばかりでない事も理解しておく必要があります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ロシアの情報機関のハッカーがマネーロンダリングにビットコインを利用? 安全神話が崩れる?

仮想通貨の匿名性については以前から、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用される可能性について指摘・ …

tokenNEWS
CFA協会のアナリスト試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加! 徐々に浸透してきた模様

CFA協会と言えば、投資に関する国際資格の認定を行う団体ですが、そのCFA協会が実施する認定証券アナ …

tokenNEWS
マルタにビットコインATMが登場!仮想通貨と現金の相互の両替は世界初?

バイナンスの誘致以降、正に飛ぶ鳥の勢いの様に話題が尽きないマルタですが、世界初となる「仮想通貨と現金 …